1. TOP
  2. 食物 習慣
  3. 【和食ってなに?】知ると、もっとおいしい。特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」開催[国立科学博物館]

【和食ってなに?】知ると、もっとおいしい。特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」開催[国立科学博物館]

 2020/02/21 食物 習慣
 
LINEで送る
Pocket

和食;日本人の伝統的な食文化

2013年にユネスコ無形文化遺産登録を受けて以来、世界各地で関心が高まっている「和食」。

国立科学博物館として初めて、多角的な視点から和食に迫る大規模特別展を開催します。

和食は、外来の文化も柔軟に受容しながら発展し、今もなお変化し続けています。明治時代以降に広まった日本独自の「洋食」などにも目を向けつつ、日本列島の自然がもたらした多様な食材、人々の知恵で作り出された発酵などの技術、古代から未来をも見据えた和食の歴史的変遷などを、バラエティ豊かな標本や資料、そしてインタラクティブな映像演出を交えて、わかりやすく紹介します。

ぜひこの機会に、和食を通じて日本の豊かな環境と人々の営みについて、新たな視点をみつけてみてください。


特別展「和食  ~日本の自然、人々の知恵~」

未定~6月14日(日)

[会場] 国立科学博物館(東京・上野公園)〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

[開館時間] 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
※ただし、4月26日(日)・29日(水・祝)、5月3日(日・祝)~5日(火・祝)は午後8時まで、4月27日(月)・28日(火)・30日(木)、5月6日(水・休)は午後6時まで
※入場は各閉館時刻の30分前まで

[休館日] 月曜日、5月7日(木)・19日(火)
※ただし、3月30日(月)、4月27日(月)、5月4日(月・祝)・18日(月)、6月8日(月)は開館
※開館時間や休館日等は変更になる場合があります。

[観覧料金] 一般・大学生1,700円(1,500円)、小・中・高校生600円(500円) ※( )内は前売り料金 ※通常前売券の販売は3月13日(金)まで

「平日アフター3券」※会場で平日(土・日・祝休日を除く)午後3時以降販売かつ当日入場限定。一般・大学生1,500円、小・中・高校生500円、「小・中・高校生グループ券」※会場で当日販売。小・中・高校生2名以上同時入場限定。1名につき500円。

グッズ付き前売券等も販売。詳しくは公式サイトをご覧ください。

[主催] 国立科学博物館、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション、文化庁、日本芸術文化振興会
[後援] 観光庁、農林水産省、内閣府知的財産戦略推進事務局、和食文化学会、和食文化国民会議
[協賛] キッコーマン、JR東日本、大和証券、凸版印刷、日本コカ・コーラ、三井物産
[特別協力] JAグループ、JF全漁連
[制作協力] IMAGICA GROUP、P.I.C.S.
[協力] クックパッド

[公式サイト] https://washoku2020.jp/

※画像はイメージです。実際の展示内容は変更になる場合があります。


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【NEWS】開催予定の特集展示風景をYouTubeで公開!『大和路の仏にであう-奈良に生きた写真家・永野太造と仏像写真-』[半蔵門ミュージアム]

  • 【NEWS】佐賀県の新土産「温泉豆腐・麹調味料」を自宅で! 食ブランドがデビュー [中川政七商店]

  • 【NEWS】時代劇×SFドラマ『大江戸スチームパンク』TSUTAYAプレミアム全話配信! キャンペーンスタート

  • 煮る? 焼く? “牛鍋” と “すき焼き” 違いにはじまりをご紹介