1. TOP
  2. ワコラボ
  3. 【武田信虎】虎はあきらめない。寺田農主演の“新”戦国時代劇 映画『信虎』公開

【武田信虎】虎はあきらめない。寺田農主演の“新”戦国時代劇 映画『信虎』公開

LINEで送る
Pocket

武田信玄の父であり、甲府を開府した信虎の晩年を描く“新”戦国時代劇・映画『信虎』が、10月22日(金)よりTOHOシネマズ甲府にて先行公開、11月12日(金)よりTOHOシネマズ日本橋、TOHOシネマズ梅田他にて全国公開!

戦国の名将 武田信玄の父・武田信虎は、信玄によって追放され、駿河を経て京に住み、足利将軍の奉公衆となります。追放より30年の時が流れた1573(元亀4)年、信玄が危篤に陥ったことを知った信虎は、再び武田家にて復権するため甲斐への帰国を試みるも、信濃において勝頼とその寵臣に阻まれます。

信虎は、信長との決戦にはやる勝頼の暴走を止められるのか。齢80の「虎」が、武田家存続のため最後の知略を巡らせるー。

信虎を演じるのは、ジブリ映画『天空の城ラピュタ』のムスカ大佐の声優として知られ、また数々の大河ドラマなどの時代劇作品に出演し、36年ぶりの主演作となる名優「寺田 農」。ヒロインはに信虎の娘で15歳のお直をあどけなく演じる「谷村美月」。
「榎木孝明」、「永島敏行」、「渡辺裕之」らベテラン俳優が重要人物として出演し、また「矢野聖人」、「荒井敦史」、「石垣佑磨」の若手俳優も戦国乱世の激動の時代を生き抜く姿を巧みに演じています。

監督は、平成『ガメラ』シリーズ・『デスノート』の「金子修介」。音楽には『影武者』など後期 黒澤 明作品や今村昌平の一連の作品に携わった巨匠の「池辺晋一郎」、武田家考証に武田氏研究の第一人者「平山優」など、日本映画の最高峰の叡智が集結しています。

髷(まげ)・衣裳・甲冑・旗・馬・所作・音など戦国時代を忠実に再現することにこだわりぬいて製作された本格時代劇映画でありながら、滑稽味やファンタジー要素を盛り込んだ人間ドラマに仕上がった、これまでにない新感覚のテイストを併せ持つ意欲的で野心的な作品です。

監督・金子修介と音楽・池辺晋一郎よりコメントに場面写真をお届けします。


©ミヤオビピクチャーズ

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【日本画】特別展「水のかたち ー《源平合戦図》から千住博の「滝」までー」開催。源平の物語をテーマにした、特集展示「日本画に描かれた源平の世界 」もあわせて展示[山種美術館]

  • 【百段階段】文化財を彩る“夏の風物詩”で光が紡ぐ影のアートを堪能!「和のあかり×百段階段 2022~光と影・百物語~」開催[ホテル雅叙園東京]

  • 【百段階段】大正ロマンとは? 大正ロマン風の着物コーデポイントをお届け!「大正ロマン×百段階段」に行ってきました

  • 【NEWS】コロナ渦が生んだ奇跡。60歳過ぎて初執筆で作家デビュー!『うえから京都』2022年7月15日発売決定