1. TOP
  2. ワコラボ
  3. 【片渕須直監督】今年も広島に登場!清少納言の真実へさらに迫ったトークに熱気も[広島国際映画祭2021]

【片渕須直監督】今年も広島に登場!清少納言の真実へさらに迫ったトークに熱気も[広島国際映画祭2021]

LINEで送る
Pocket

21日、広島県広島市のNTTクレドホールにて開催された広島国際映画祭2021にて今年も映画『この世界の片隅で』などを手掛けた片渕須直監督が登場、会場にてティーチインが開催されました。

昨年に続き、清少納言が中宮定子として仕えた1000年前の時代を描くアニメーション映画を構想中という片渕監督。前回のワークショップから、今回もさまざまな調査状況を発表。現存する平安京の内裏の図案と、2015年に発掘された遺跡の写真を重ねて、実際の建物の配置から、果ては見張り人のテントなどまでの配置を推定した考察や、当時の人たちが何時から何時まで生き、どのような原因で亡くなったのかという存命経緯のリストなど、現状の調査状況を説明。

また来年の製作スタートに向け、現在は準備段階であることを明かし、現在は様々な調査とともに京都の中心部を舞台に、主人公と予定している清少納言と、彼女を取り巻く多くの人々、様々な資料やロケハンなどで各人の心情などを想定しているといいます。


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桂 伸也

桂 伸也

“和”という言葉で表現されるものには、人によって色んなイメージがあると思いますが、私は“整然として落ち着いたもの”という雰囲気を感じ取っています。

普段は芸能系ライターとして活動を行っており、かなり“にぎやかな”世界に生きていますが、その意味で“和”という言葉から受ける雰囲気に、普段から強い憧れや興味をもっていました。

なので、そんな素敵な“和”の世界へ、執筆を通して自らの船を漕ぎ出していきたいと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【丈監督・倉野尾成美・中村玉緒】「いのちのバトン」を様々な視点より描いた映画『いちばん逢いたいひと』[広島国際映画祭2022]

  • 【藤井道人監督】故・河村光庸さんの遺志を継承、伝統芸能から現代を切り取った映画『ヴィレッジ』[広島国際映画祭2022]

  • 【NEWS】『広島第一劇場三部作』完結、横山雄二監督作『愚か者のブルース』広島先行公開イベント

  • 【かわぐちかいじ】漫画家としての人生にも大きな影響を与えた尾道の地への思い 映画『空母いぶき』[尾道映画祭 2022]