1. TOP
  2. ワコラボ
  3. 【守山龍之介】もっとも残酷で美しい物語。映画『虹が落ちる前に』吉兆エピソードにものづくり好き[インタビュー]

【守山龍之介】もっとも残酷で美しい物語。映画『虹が落ちる前に』吉兆エピソードにものづくり好き[インタビュー]

LINEで送る
Pocket

映画祭にて「エモすぎる映画」と絶賛の声があがり公開が期待されていた映画『虹が落ちる前に』が、3月19日(土)より新宿K’s cinema、アップリンク吉祥寺、横浜シネマリン、シネ・ヌーヴォほかにて全国順次公開。

売れないバンドを続ける気の弱い主人公・公平は、自分の現状に満足してはいないが、周りにいる仲間や大切な彼女がいることに甘え日々を過ごしていた。しかしある日、事件に巻き込まれ全てを無くしてしまう。
今までの日常を取り戻せない事を知った公平は、前に進む決断をして、『ある』曲を作り始めるが・・・。

優柔不断な主人公・公平を演じるのは、門真国際映画祭にて最優秀主演男優賞を獲得した「守山龍之介」。一歩踏み出せずにいる公平を支え続ける彼女の役に、同映画祭にて助演女優賞を受賞した「畦田ひとみ」。
また同映画祭、賢島映画祭にて助演男優賞の白磯大知を筆頭に、末松暢茂、梶田冬磨、昆竜弥、板垣雄大、田宮拓、バンダリ亜砂也など個性豊かな俳優たちが出演。

監督は、本作が長編映画初監督作品となるKoji Uehara。
Koji Ueharaは、自らがプロデューサーとなり、監督、脚本、衣装、音楽、編集、照明と多岐に渡り指揮を取り、初の長編監督作品でありながら、様々な映画祭にて賞を受賞。更に、本作の為に制作兼配給会社を立ち上げ、自主制作の初監督作品として異例の全国上映を果たし、2021年、映画界、エンタメ界に衝撃を走らせました。

本作は、一見、ありきたりなテーマと思わせながら、リアルな描写や圧倒的な映像美により一作目にして独自の世界観を確立したと話題を呼んでいます。

公開に先立ち、主演の守山龍之介さんに、主人公の公平についてやオススメのシーンなどのお話を伺いました。
作り話のような「虹」のエピソードに、最近ハマった日本の文化についてもお届けします。



\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひで

ひで

興味から参加した川中島合戦戦国絵巻。
鎧をまとい、手には槍に模した棒、腰には模造刀を持ち、いざ、敵軍に向かって出陣!かなりのハイテンション!
イベントの仕事でご一緒した忍者の末裔。ガチの忍者の動きを真似てみるが、鍛錬されている動きについていけず、改めて、本物のすごさに気付かされる!
初めて、着物を着ても普段の動きと違い所作の大切さに気づく!
あれ?難しそうって思っていた芸能も少しわかっちゃうと面白いぞ!のめり込んでいくのがわかる!

日本の文化というと様々ではあるが、気になったものやその時出会ったものに「まずは、やってみよう!」で、学び、体験し、きっかけ作りとなるよう伝えていきたい。

知らないことを知るって楽しいことですね^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【守山龍之介】もっとも残酷で美しい物語。映画『虹が落ちる前に』吉兆エピソードにものづくり好き[インタビュー]

  • 【結果発表会】168,405人のこどもたちが選んだベスト10! 第3回『小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙』

  • 【眞島秀和】主演グルメドラマ『#居酒屋新幹線』ご当地テイクアウト! 地酒に郷土料理、スイーツ[会見レポ]

  • 【宮田バスターズ】古典劇の仕掛け!日本一の兵と通じるところが!? 映画『宮田バスターズ(株)-大長編-』[インタビュー]