1. TOP
  2. ワコラボ
  3. 【バーチャルトーハク】アニメ映画「時をかける少女」の展覧会を再現! 特別展「アノニマス ―逸名の名画―」オンライン公開[凸版印刷]

【バーチャルトーハク】アニメ映画「時をかける少女」の展覧会を再現! 特別展「アノニマス ―逸名の名画―」オンライン公開[凸版印刷]

LINEで送る
Pocket

バーチャル空間に「バーチャル東京国立博物館(以下、バーチャルトーハク)」を開設。

アニメーション映画「時をかける少女」のスタジオ地図・細田守監督とのコラボレーション企画 バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」を、2020年12月19日(土)から開催します。

本展覧会は東京国立博物館の一部を「バーチャルトーハク」としてバーチャル SNS「cluster」(※1)のバーチャル空間内にCGで再現し、その空間内に「時をかける少女」の劇中シーンのために企画された、現実では実現できない特別展「アノニマス ―逸名の名画―」を出現させます。

ユーザーはclusterのプラットフォームを通して自由にその空間内を歩き回り作品を鑑賞することができ、14 年経っても色褪せることのない「時をかける少女」の世界観と、時代を超えて愛される日本美術を楽しむことができるバーチャル特別展です。

また、公開前日の12月18日(金)には本展覧会公開記念として、バーチャル特別展の会場内にてトークイベント「時をかける日本美術」を開催。

細田監督と東京国立博物館の松嶋雅人研究員がclusterアバターで登場し、「時をかける少女」をはじめとする現代アニメーションと日本美術の関係についてトークセッションを行います。

ぜひ、ニューノーマル時代の新しい文化鑑賞を体感してみてください。

(※1) バーチャルSNS「cluster」
「cluster(クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べる、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNSです。

TOP PHOTO:バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」(c) Virtual Tohaku


バーチャルトーハク 外観1 (c) Virtual Tohaku


バーチャルトーハク 外観2 (c) Virtual Tohaku


バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」

2020年12月19日(土)~2021年2月28日(日)

[会場] バーチャルトーハク 特別展示室(cluster内)

[入場料] 290 円(税込)
※購入方法によって価格が変動します。詳細はイベント特設サイトをご確認ください。

[主催] 東京国立博物館、文化財活用センター、凸版印刷株式会社

[特別協力] スタジオ地図

[特設サイト]
https://virtualtohaku.jp/anonymous2020_exhibition/


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【最澄】秘仏や天台の名宝が集う!伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」東京会場開催[東京国立博物館]

  • 【NEWS】きものに恋をする。着物 × 伝統文化の祭典「キモノEXPO 2021」東京・大阪開催[銀座いち利]

  • 【仮名】漢字が由来?「ひらがな」「カタカナ」の成り立ち。五十音順といろは順とは

  • 【縄文】縄文人の“生”の暮らし。特別展「縄文2021―東京に生きた縄文人―」開催[江戸東京博物館]