1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【百段階段】126枚の日本画と共に四季の花々を巡る旅へ!「五感で体感する文化財で四季のお花見」開催[ホテル雅叙園東京]

【百段階段】126枚の日本画と共に四季の花々を巡る旅へ!「五感で体感する文化財で四季のお花見」開催[ホテル雅叙園東京]

LINEで送る
Pocket

日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段」にて秋の文化財見学「五感で体感する 文化財で四季のお花見」を2021年10月2日(土)から11月23日(火・祝)までの期間限定で開催。

今回の企画展では、百段階段の「花」をテーマに7つの部屋に描かれた四季の花々をご紹介します。百段階段の中には、桜や紅葉をはじめ、朝顔、牡丹、チューリップ、椿など50種類を超える春夏秋冬の花々の絵が描かれています。表現方法も日本画や彩色木彫、螺鈿など実にさまざまで、まさに百花繚乱の世界。時間や場所を超え、本来は異なる季節に咲く花々の日本画が一堂に介した空間です。

冷静な観察と丹念で正確な描写で表された花々には、ただ自然美が表現されているだけでなく、画家ごとの自然観察力を感じさせる季節・風物など四季の移り変わりをご覧いただけます。126枚の日本画に描かれた四季の花の絵に囲まれながら、まるで日本各地の花の名所へ季節のお花見に出かけているかのような気分を感じていただけます。

また、「五感で体感」のコンセプトの下、花をモチーフとした江戸~昭和初期の艶やかな着物や装身具、薔薇のインスタレーションによる体験型フォトスポット、味覚や香りで愉しめる花のお茶・お菓子など、五感で愉しめる関連展示もご用意しております。

昭和初期を代表する芸術家たちによる花々が一挙に開花する、文化財の四季のお花見をお愉しみください。



秋の文化財見学「五感で体感する文化財で四季のお花見」

2021年10月2日(土)〜11月23日(火・祝)
※会期中無休

[開催時間]
12:30〜18:00(最終入館17:30)

[入場料]
当日券1,000 円、学生500 円 ※要学生証呈示、未就学児無料

[会場]
ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

[お問合せ]
03-5434-3140(イベント企画10:00 – 18:00)
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/ohanami

[主催]
ホテル雅叙園東京

[照明協力]
(有)エンドレスファクトリー

[販売窓口]
ホテル雅叙園東京[一般入場券]
公式オンラインチケット[一般入場券、グッズ付チケット、日時指定入場券]

※状況により、開催内容が一部変更となる場合がございます。
※新型コロナウイルス感染予防を目的として、混雑緩和のため入場制限を行います。一定数になりましたらお待ちいただく場合がございます。また、検温やマスクの着用、手洗いや手指の消毒など見学に際してご協力をいただいています。

詳しくは、公式サイトをご確認いただきますようお願い申し上げます。
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100riyou

新型コロナウイルス感染予防に対する当ホテルの取り組みについて
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/51786

「百段階段」ご見学のお客様に対する取り組みについてはこちら
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100riyou#qa00


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【最澄】秘仏や天台の名宝が集う!伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」東京会場開催[東京国立博物館]

  • 【NEWS】きものに恋をする。着物 × 伝統文化の祭典「キモノEXPO 2021」東京・大阪開催[銀座いち利]

  • 【仮名】漢字が由来?「ひらがな」「カタカナ」の成り立ち。五十音順といろは順とは

  • 【縄文】縄文人の“生”の暮らし。特別展「縄文2021―東京に生きた縄文人―」開催[江戸東京博物館]