1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【平家物語】“祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり” 平家の栄光から滅亡。あらすじ名場面解説

【平家物語】“祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり” 平家の栄光から滅亡。あらすじ名場面解説

LINEで送る
Pocket

平家ときいて、みなさんはどんなイメージをおもちでしょうか。

平清盛(たいらのきよもり)が、武士として初めて政界に進出し、太政大臣(だいじょうだいじん、いまでいう内閣総理大臣)にまで上りつめ、平家の全盛時代を築きました。平家一門で要職を独占するまで力をもつようになると、「平家にあらずんば人にあらず」と平時忠(たいらのときただ)が発言します。
このワードから、おごり高ぶった存在=平家と想起される方がいらっしゃるのではないでしょうか。

『平家物語』は平家の栄光から滅亡までの物語です。

この世の中が「永久不滅なものなどなく、常に移り変わり変化していくもの」であり、仏教の教えに従うことで救いの境地へ導いてくれることも教えてくれています。

そのために『平家物語』では平清盛が徹底して悪人として描かれ、思い上がった平家一門の栄光からの没落、滅亡までの過程で、因果応報が印象付けられているのです。

物語のあらすじと有名ないくつかの名場面をふりかえりながら、『平家物語』をご紹介します。


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【眞島秀和】グルメドラマで単独初主演! 新幹線が居酒屋に。ドラマ「#居酒屋新幹線」12月14日(火)スタート

  • 【8Kで文化財】じっくりと鑑賞、学芸員の追体験!「8Kで文化財 みほとけ調査」特別公開[東京国立博物館]

  • 【日本画】開館55周年記念 特別展「奥村土牛 ー山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾ー」開催[山種美術館]

  • 【平家物語】“祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり” 平家の栄光から滅亡。あらすじ名場面解説