1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【日本画】鏑木清方三部作はじめ約110点の作品展示「没後50年 鏑木清方展」開催 音声ガイド「尾上松也」[東京国立近代美術館]

【日本画】鏑木清方三部作はじめ約110点の作品展示「没後50年 鏑木清方展」開催 音声ガイド「尾上松也」[東京国立近代美術館]

LINEで送る
Pocket

2022年3月18日(金)から5月8日(日)まで、東京国立近代美術館で開催される「没後50年 鏑木清方展」。

鏑木清方(1878-1972)の代表作として知られ、長きにわたり所在不明だった《築地明石町》と、合わせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》は、2018年に再発見され、翌年東京国立近代美術館のコレクションに加わりました。
清方の没後50年という節目を得て、三部作をはじめとする約110点の日本画作品で構成する清方の大規模な回顧展です。

本展は、東京と京都で開催され、東京会場では、清方芸術を「生活をえがく」、「物語をえがく」、「小さくえがく」の三章に分けて紹介します。京都会場では全作品を制作年順に並べて作風の変化を追います。
また、清方が「需められて」描いた作品を少なくし、自己評価の高かった作品を多くラインナップに加えています。

本展の見どころから音声ガイドナビゲーターの歌舞伎俳優 尾上松也さんのコメントをお届けします。

清方没後50年、ほんとうの清方芸術に出会う。清方好きにはたまらない展覧会を存分にお楽しみください。

 


没後50年 鏑木清方展[東京会場]

2022年3月18日(金)~5月8日(日)

[会場] 東京国立近代美術館(東京・竹橋)

[開館時間] 9時30分~17時(金曜・土曜は20時まで)
※入館は閉館の30分前まで。※所蔵作品展「MOMATコレクション」、コレクションによる小企画「新収蔵&特別公開|ピエール・ボナール《プロヴァンス風景》」は10時開場

[休館日] 月曜日(3月21日、28日、5月2日は開館)、3月22日(火)

[入場料] 一般1,800円、大学生1,200円、高校生700円 (いずれも税込) ※ 中学生以下は無料。障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。

[主催] 東京国立近代美術館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション
[協賛] 損害保険ジャパン、DNP大日本印刷

[お問合わせ] 050–5541–8600(ハローダイヤル)
[公式サイト] https://kiyokata2022.jp/
[公式Twitter] @kiyokata_2022
[巡回情報] 2022年5月27日(金)~7月10日(日)京都国立近代美術館

 


 🎁プレゼント情報🎁 

抽選で2組4名様に、
特別展「没後50年 鏑木清方展」招待券をプレゼント!

応募方法】

[Twitterから応募]

①「わつなぎ(@watsunagi) 」Twitter をフォロー

②「没後50年 鏑木清方展」招待券プレゼントツイートをリツイート

https://twitter.com/watsunagi/status/1502479814606917632?s=20&t=ncGNmTpOCGdnV9pPvYcJ0A


[LINEから応募]

①ラインにてお友達登録

②メッセージにて「鏑木清方展招待券希望」とお送りください。

友だち追加

わつなぎ[watsunagi]LINE ID
@uec9635g


【応募締切】
2022年3月21日(月) 23時59分

【当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選された方にメッセージにて当選通知をお送りいたします。お届け先情報をご入力ください。期限までにご入力がない場合は、当選の権利が無効になりますのでご注意ください。

【注意事項】
・Twitterからご応募の方は、「わつなぎ」Twitterアカウントをフォローされていない場合、ダイレクトメッセ―ジを送信できないため、当選の権利が無効となります。
・期日内に入力が完了されていない場合や入力内容に不備がある場合は、当選の権利が無効となります。
・当選の権利を第三者に譲渡することはできません。
・応募状況および抽選結果に関するお問合せに関してはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
・配送は、日本国内に限らせていただきます。
・個人情報は、発送、及び、発送に関する問合せにのみ使用します。  


 

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【NEWS】東京全6公演の開催決定! 世界観客動員900万人、DRUM TAO新作舞台「KAIKI」

  • 【NEWS】恒松祐里初主演 ネット掲示板発、現代版“神隠し” 映画『きさらぎ駅』完成披露上映会

  • 【和ろうそく】温かみのある光に神秘的な炎を灯す! 歴史に作り方、和ろうそくの魅力に迫る。

  • 【NEWS】日本の文化から生まれた、新しい母の日の贈りもの。母の日の新定番「花染め」と「花模様」全14種を発売[中川政七商店]