1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【デジタル技術×日本美術体験】時空をこえる! 四季をめぐる! 夢をかなえる! 「未来の博物館」開催[東京国立博物館]

【デジタル技術×日本美術体験】時空をこえる! 四季をめぐる! 夢をかなえる! 「未来の博物館」開催[東京国立博物館]

LINEで送る
Pocket

デジタル技術と日本美術体験が融合した東京国立博物館創立150年記念 特別企画「未来の博物館」開催中!

本展は、東京国立博物館の所蔵品を元に制作したデジタルコンテンツや複製などで構成する体験型の展覧会です。大画面に拡大された絵の中を歩いてみたり、屛風に描かれた四季を感じてみたり、光を照らして仏像をじっくりと調べたりと、最先端のデジタル技術と高精細複製品を使って、新しい日本美術の鑑賞体験を実現します。

「未来の博物館」でとりあげるほとんどの日本美術作品(14件)は、同時期開催の特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」(平成館)や総合文化展に展示されます。

「未来の博物館」をみたあとに、ホンモノの日本美術をじっくり鑑賞すると、一味違った見え方になるかもしれません。

「未来の博物館」の会場とトーハク全体で、日本美術の魅力を発見してください。


東京国立博物館創立150年記念
特別企画「未来の博物館」

2022年10月18日(火)~12月11日(日)

[会場]東京国立博物館
第1会場 〈時空をこえる8K〉 本館/特別5室
第2会場 〈四季をめぐる高精細複製屛風〉 本館/特別3室
第3会場 〈夢をかなえる8K〉 東洋館/エントランス

[開館時間]9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで) 

[観覧料金]
総合文化展観覧料(一般 1,000円、大学生 500円)もしくは開催中の特別展観覧料[観覧当日に限る]が必要です
※大学生の方は、学生証をご提示ください。 ※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は、総合文化展について無料です。入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳、健康保険証、運転免許証など)をご提示ください。 ※障がい者とその介護者各1名は無料です。入館の際に障がい者手帳等をご提示ください。 ※東京国立博物館のガイドラインに従い感染防止対策を実施します。

[主 催]東京国立博物館、文化財活用センター、NHK(第1会場)
[協 賛]キヤノン株式会社、シャープ株式会社

[展覧会公式サイト] https://cpcp.nich.go.jp/mirai2022/


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【NEWS】最近はワインしか飲んでない! 映画『シグナチャー〜日本を世界の銘醸地に〜』全国公開[初日舞台挨拶]

  • 【デジタル技術×日本美術体験】時空をこえる! 四季をめぐる! 夢をかなえる! 「未来の博物館」開催[東京国立博物館]

  • 【銀器】珈琲本来の味を楽しむ銀製珈琲セット!『森ノ珈琲』豊かな自然と気品を表現

  • 【日本画】動物を描けばその体臭までも表す! 特別展「没後80年記念 竹内栖鳳」開催[山種美術館]