1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【日本画】44年ぶりに公開!鏑木清方(かぶらききよかた)幻の名作『築地明石町』[東京国立近代美術館]

【日本画】44年ぶりに公開!鏑木清方(かぶらききよかた)幻の名作『築地明石町』[東京国立近代美術館]

LINEで送る
Pocket

「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」が、東京国立近代美術館(東京・竹橋)にて開催中!

東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(かぶらききよかた)は、美人画で上村松園(1875-1949)と並び称された日本画家です。

1927年に発表された「築地明石町」は、帝国美術院賞を受賞し、清方を名実ともに日本を代表する画家のひとりに押し上げました。

本展では、名作「築地明石町(つきじあかしちょう)」「新富町(しんとみちょう)」「浜町河岸(はまちょうがし)」の三部作に、「三遊亭円朝像」(1930年、重要文化財)や「明治風俗十二ヶ月」(1935年)など、同館が所蔵する清方の名作を公開しています。名作「築地明石町」は、44年ぶりの公開となります。

ぜひ、この機会にご覧ください。


TOP PHOTO
[左]鏑木清方《築地明石町》1927(昭和2)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio
[中]鏑木清方《新富町》1930(昭和5)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio
[右]鏑木清方《浜町河岸》1930(昭和5)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館 ⓒNemoto Akio


鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開

2019年11月1日(金)〜12月15日(日)

[会場] 東京国立近代美術館 所蔵品ギャラリー10室(東京都千代田区北の丸公園3-1)

[開館時間] 10:00〜17:00 ※金曜・土曜は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)

[休館日] 月曜日

[観覧料] 一般800(600)円  大学生400(300)円
*( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込
*高校生以下および18歳未満、障害者手帳等をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
*本展の観覧料で入館当日に限り同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧いただけます。
*同時開催の「窓展(仮称)」(11月1日〜2020年2月2日)は別途観覧料が必要です。

[主催] 東京国立近代美術館、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

[ホームページ] https://www.momat.go.jp/


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【映画「相撲道」】“相撲” の素晴らしさを日本から世界へ!『相撲に興味がない方、知識がない方にこそ観て欲しい』初日舞台挨拶

  • 【NEWS】三人の人間国宝「梅若実玄祥・藤舎名生・大倉源次郎」初共演「除災招福 疫病沈静 災害復興 国土平安平穏 祈念 三人の国宝『~祈り~』」開催[国立能楽堂]

  • 【都市文化]洗練された美意識!「琳派と印象派」ー東西都市文化が生んだ美術ー 開催[アーティゾン美術館]

  • 【黒烏龍あんぱん】新たな挑戦に、伝統の味を守り続ける!「木村屋總本店×南国酒家」のコラボ