1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【日本画】山種美術館広尾開館10周年記念特別展「上村松園と美人画の世界」開催中!

【日本画】山種美術館広尾開館10周年記念特別展「上村松園と美人画の世界」開催中!

LINEで送る
Pocket

生涯にわたり美人画を描き続けた日本画家「上村松園(うえむらしょうえん)」。

山種美術館が広尾に移転し開館してから10周年を迎えた事を記念して、山種美術館広尾開館10周年記念特別展「上村松園と美人画の世界」が開催されています。
創立者で初代館長の山﨑種二(1893-1983)は、松園と親しく交流しながら作品を蒐集しました。《蛍》、《砧》、《牡丹雪》などの代表作を含む当館所蔵の作品計18点は、屈指の松園コレクションとして知られています。

京都で生まれ育った松園は、京都府画学校に通い鈴木松年に学んだのち、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事し、技法の習得に励みました。早くから頭角を現し、江戸や明治の風俗、和漢の古典に取材した女性像を描いて、文展や帝展など数々の展覧会に出品を重ねて活躍します。

美人画の名手として高く評価され、1948(昭和23)年には女性として初めて文化勲章を受章しました。
「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」と語った松園が描き続けた気品ある美人画は、今なお多くの人々に愛されています。

本展では、松園と同時代に活躍し「西の松園、東の清方」と並び称された鏑木清方や、その弟子の伊東深水の美人画、さらに村上華岳、小倉遊亀、橋本明治などの日本画家による、多彩な女性像をご紹介します。

ぜひこの機会に、日本画における美人画の世界の豊かな広がりや、その表現の展開をお楽しみください。

また、同館エントランスロビーにある「Cafe椿」にて、上村松園と美人画の世界に合わせたオリジナル特製和菓子がいただけます。あわせてご紹介します!


山種美術館 広尾開館10周年記念
特別展「上村松園と美人画の世界」

[会期]
2020年1月3日(金)~3月1日(日) *会期中、一部展示替えあり

[開館時間]
午前10時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)

[休館日]
月曜日[但し、2/24(月)は開館、2/25(火)は休館]

[入館料]
一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。

[割引情報]
<きもの割引> 会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
<リピーター割引> 本展使用済み入場券(有料)のご提出で、会期中の入館料が団体割引料金となります(1枚につき1名様1回限り有効)。
※リピーター割引は、同一の展覧会を2回目以降にご覧いただく場合に有効。他の展覧会の入場券はご使用いただけません。※ 複数の割引の併用はできません。

[主催]
山種美術館、日本経済新聞社

[山種美術館]>>http://www.yamatane-museum.jp/


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【NEWS】開催予定の特集展示風景をYouTubeで公開!『大和路の仏にであう-奈良に生きた写真家・永野太造と仏像写真-』[半蔵門ミュージアム]

  • 【NEWS】佐賀県の新土産「温泉豆腐・麹調味料」を自宅で! 食ブランドがデビュー [中川政七商店]

  • 【NEWS】時代劇×SFドラマ『大江戸スチームパンク』TSUTAYAプレミアム全話配信! キャンペーンスタート

  • 煮る? 焼く? “牛鍋” と “すき焼き” 違いにはじまりをご紹介