1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【法隆寺】千三百年の、その先へ。特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」開催[東京国立博物館]

【法隆寺】千三百年の、その先へ。特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」開催[東京国立博物館]

LINEで送る
Pocket

世界遺産・法隆寺。

世界最古の木造建築である金堂には、およそ1300年前の飛鳥時代に描かれた壁画がありました。

この壁画は、1949(昭和24)年の火災により大半が焼損してしまいましたが、焼損前に描かれた模写やガラス乾板などが残されているおかげで、今でもその威容をうかがい知ることができます。

本展は、「法隆寺金堂壁画」の優れた模写や、焼損後に再現された現在の壁画、そして日本古代彫刻の最高傑作の一つである国宝・百済観音など金堂ゆかりの諸仏を展示します。

ぜひこの機会に、文化財を保護し継承することの大切さと法隆寺金堂の美の世界を体感してください。



国宝 法隆寺金堂と五重塔 写真飛鳥園



特別展
「法隆寺金堂壁画と百済観音」

2020年3月13日(金)~5月10日(日)

[会場] 東京国立博物館 本館特別4室・特別5室(〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9)

[開館時間] 9:30~17:00 ※入館は閉館の30分前まで、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館

[休館日] 月曜日(ただし3月30日(月)、5月4日(月・祝)は開館)

[観覧料金 ] 一般1,200円(1,100円)、大学生600円(500円)、高校生400円(300円)、中学生以下無料

※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金 ※障がい者とその介護者1名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。 ※前売券は2020年1月7日(火)から3月12日(木)までの間、展覧会公式サイト、各種プレイガイド、東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)で販売。 ※「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券一般1,200円を1,100円(100円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にてお申し出ください。 ※本展観覧券で、会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)もご覧になれます。

[展覧会公式サイト] https://horyujikondo2020.jp/


【3月上旬予定】特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」観覧券プレゼント!

 プレゼント情報は[LINE][Twitter]からもお知らせします。 


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【日本画】桜の表現で満開!特別展「桜 さくら SAKURA 2020 —美術館でお花見!— 」3月14日より開催[山種美術館]

  • 【NEWS】大ヒット御礼! 映画『嘘八百 京町ロワイヤル』広末から愛と感謝をこめて直筆「あ〜りがとさ〜ん♥」バレンタインチョコを中井&佐々木に

  • 【NEWS】映画『静かな雨』公開! 仲野太賀「感謝の気持ちでいっぱい」衛藤美彩「この作品が大好き」[公開記念舞台挨拶]

  • 古典美術 × 8人の作家! 『古典 × 現代2020―時空を超える日本のアート』3月11日より開催[国立新美術館]