1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【能楽】能楽の魅力を感じる!特別展「翁 ―大名細川家の能の世界―」日本唯一の能楽専門美術館で開催[金沢能楽美術館]

【能楽】能楽の魅力を感じる!特別展「翁 ―大名細川家の能の世界―」日本唯一の能楽専門美術館で開催[金沢能楽美術館]

LINEで送る
Pocket

日本唯一の能楽専門美術館である金沢能楽美術館にて、特別展「翁 ―大名細川家の能の世界―」が2020年12月12日(土)から2021年1月31日(日)まで開催します。

室町時代に観阿弥・世阿弥父子が大成した能は、日本の代表的な古典芸能として海外でも高い評価をうけています。
江戸時代に肥後熊本54万石を治めた大名、細川家では、初代・細川幽斎(藤孝)を始め、歴代の藩主が能の文化に心を寄せ、藩主たちも自ら舞台に上がりました。そのため、細川家の拠点となった熊本や東京には、能面・能装束・楽器や小道具など約900点の能楽コレクションが伝来しています。
能の原点ともいわれる演目「翁」は、翁面をかけることで演者は神になり、その舞によって世の安泰を祈願する特別な演目です。

本展では江戸時代の正式な上演スタイルである「翁付五番立」に基づき、「翁」を中心に神・男・女・狂・鬼の5つのジャンルを細川家伝来の名品によりご紹介します。

完成された造形美を誇る能面をはじめ、綺羅を尽くした能装束、意匠を凝らした能道具類や貴重な伝書たちが、観る人を深く豊かな能の世界へと誘います。

ぜひ、本展を通じて祈りの芸能である能楽の魅力を、改めて感じてみてください。



令和2年度特別展 翁 ―大名細川家の能の世界―

2020年12月12日(土)~2021年1月31日(日)
※会期中、展示替えを行います。

<前期> 2020年12月12日(土)~2021年1月11日(月・祝)
<後期> 2021年1月14日(木)~1月31日(日)

[会場] 金沢能楽美術館(石川県金沢市広坂1丁目2番25号)
[開館時間] 10:00~18:00(入館は17:30まで)
[休館日] 月曜日(但し休日の場合は火曜日)、年末年始12月28日(月)~1月2日(土)及び1月13日(水)
[入館料] 一般・大学生310円、65歳以上・障がい者手帳をお持ちの方及びその介護人210円、団体(20名様以上)260円 ※高校生以下は無料。
[主催] 翁プロジェクト実行委員会、金沢能楽美術館(公益財団法人金沢芸術創造財団)、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
[特別協力] 永青文庫、熊本県立美術館
[問い合わせ先] TEL076-220-2790

[ホームページ] https://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp/

※マスク着用の上、ご来館ください。当館の新型コロナウイルス感染拡大防止対策については、ホームページ
https://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp/event/5190)をご覧ください。


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【鳥獣戯画】ギガアツイ!史上初 全4巻全場面一挙公開。特別展「国宝鳥獣戯画のすべて」開催[東京国立博物館]

  • 【NEWS】江戸硝子型吹きでひとつずつ仕上げる。丸くて可愛らしいフォルム! スパークリング⽇本酒「awa酒」専用グラス

  • 【NEWS】名匠・佐々部清監督、渾身のラストストーリー!映画『大綱引の恋』1周忌追悼上映イベント

  • 【デジタルアート】尾上松也さん展覧会アンバサダー就任!「巨大映像で迫る五大絵師」—北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界—[大手町三井ホール]