1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【百段階段】新春を祝い、福を願う “縁起もの”を公開!「新春の文化財見学 百の縁起もの」開催[ホテル雅叙園東京]

【百段階段】新春を祝い、福を願う “縁起もの”を公開!「新春の文化財見学 百の縁起もの」開催[ホテル雅叙園東京]

LINEで送る
Pocket

日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」内にある通称「百段階段」にて、「新春の文化財見学 百の縁起もの」を2021年1月1日(金・祝)から3月14日(日)まで開催。

ホテル雅叙園東京は、鮮やかな日本画や、黒漆に蝶貝をはめ込んだ螺鈿など約2,500点もの美術工芸品が館内に点在する、唯一無二のミュージアムホテルです。中でも1935年(昭和10年)に建てられた「百段階段」は、当ホテルに現存する唯一の木造建築で、創業当時の風景をいまに伝える場所でもあります。近年は数々の企画展の舞台となっており、日本画の大家である鏑木かぶらき清方きよかたや、荒木あらき十じっ畝ぽをはじめ、当時の著名な芸術家たちがつくりあげた彫刻・建築・工芸など、まさに “美術の殿堂” と呼べる場所となっています。

「百段階段」は、100枚を超える日本画と意匠設計に囲まれており、健康や長寿、富貴といった縁起もの(吉祥)に関わる意味や願いを込めて制作されたものが多くあります。

今回の企画展では、扇や鶴、鳳凰、富士山といった分かりやすいものから、「これも縁起ものなの?」と思うものまで、「百段階段」に描かれた「おめでたいモチーフ」の意味を紐解きます。

一つ一つのモチーフに込められた意味を一から百まで番号を配し分かりやすくご紹介。

「百段階段」を初めてご覧になる方も、来館されたことのある方も、「百段階段」をさらに深く知り、文化財で宝さがしをするような気分でご覧いただけます。



新春の文化財見学 百の縁起もの

2021年1月1日(金・祝)〜3月14日(日) 
※2月1日(月)は休館

[開催時間]
12:30~18:00(最終入館17:30)

[入場料]
当日:1,000円、学生:500円 ※要学生証提示、未就学児無料

[会場]
ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

[お問合せ]
03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/engimono

[主催]
ホテル雅叙園東京

[販売窓口]
ホテル雅叙園東京(店頭)、および本展公式ホームページ内オンラインチケット
https://www.e-tix.jp/100event/

※オンラインチケットでは、通常の入場券のほか、優先的にご入場いただける日時指定券もお求めいただけます。 ※1月1日~1月11日、2月2日~2月11日にご来場の方にはオリジナルポストカードをプレゼント(お一人様1枚) ※新型コロナウイルス感染予防を目的として、混雑緩和のため入場制限を行います。一定数になりましたらお待ちいただく場合があります。また、検温やマスクの着用、手洗いや手指の消毒など見学に際してご協力をいただいています。

詳しくは、公式ホームページをご確認いただきますようお願い申し上げます。
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100riyou

新型コロナウイルス感染予防に対する当ホテルの取り組みについて
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/51786

「百段階段」ご見学のお客様に対する取り組みについて
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100riyou#qa00


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【最澄】秘仏や天台の名宝が集う!伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」東京会場開催[東京国立博物館]

  • 【NEWS】きものに恋をする。着物 × 伝統文化の祭典「キモノEXPO 2021」東京・大阪開催[銀座いち利]

  • 【仮名】漢字が由来?「ひらがな」「カタカナ」の成り立ち。五十音順といろは順とは

  • 【縄文】縄文人の“生”の暮らし。特別展「縄文2021―東京に生きた縄文人―」開催[江戸東京博物館]