1. TOP
  2. 伝統 芸道
  3. 三人の国宝と“Ave Maria”で「祈り」をささげる「除災招福 疫病沈静 災害復興 国土平安平穏 祈念 三人の国宝『~祈り~』」開催[国立能楽堂]

三人の国宝と“Ave Maria”で「祈り」をささげる「除災招福 疫病沈静 災害復興 国土平安平穏 祈念 三人の国宝『~祈り~』」開催[国立能楽堂]

LINEで送る
Pocket

除災招福 疫病沈静 災害復興 国土平安平穏 祈念 三人の国宝『~祈り~』が、12月20日(日)に国立能楽堂にて開催します。

本公演は、古典伝統芸能界の名実ともに最高峰の重要無形文化財認定(人間国宝)である、能楽シテ方観世流・梅若実玄祥、横笛奏者・藤舎名生、能楽小鼓方大倉流 十六世宗家・大倉源次郎が初共演を果たすことでも話題。

プロデューサーに西尾智子を迎え、梅若実玄祥とかねてより親交のある男声ヴォーカルグループLE VELVETS の佐賀龍彦が歌う「Ave Maria」にのせて、三人の国宝が創作舞「祈り」を披露します。

11月に行った合同取材会で、梅若実玄祥が語った「〈祈り〉はどこの国でどうこうというものではないし、そういう気持ちがあればこそ成立するものだと思う」という言葉通り、古来よりいつも人類に寄り添い共存してきた「芸能」の力で、難事を克服するための「祈り」を奉げ、国の一層の弥栄(いやさか)を祈念します。



除災招福  疫病沈静  災害復興  国土平安平穏  祈念  三人の国宝『~祈り~』

2020年12月20日(日)
開場 17:00/開演18:00/終演20:00(予定)

[会場]
国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)

[出演者]
梅若実玄祥
藤舎名生
大倉源次郎
佐賀龍彦(LE VELVETS)

[上演演目(予定)]
一、一管 『竹林の詩(ちくりんのうた)』
藤舎名生(横笛独奏)

一、一管 『鞍馬(くらま)』
藤舎名生(横笛独奏)

一、一調一管『葛城(かづらき)』
謡・梅若実玄祥 / 小鼓・大倉源次郎 / 能管・竹市学

一、創作舞『祈り』 三人の人間国宝 ♪Ave Maria
横笛・藤舎名生 / 小鼓・大倉源次郎 / 能舞・梅若実玄祥 / 歌・佐賀龍彦

※記載は上演順ではございません。
※上演演目は事前の予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

[料金]
通常価格:10,000円(税込)
Go Toイベント適用価格:8,000円(税込)
※全席指定(先着販売)
※購入制限枚数:2枚
※未就学児入場不可
※感染症対策・キャンセルポリシーについて注意事項有り
(参照:https://sunrisetokyo.com/detail/12134/

令和2年12月2日(水)10:00より一般発売中

サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 ※電話受付のみ(平日 12:00~15:00)
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/inori/
イープラス:https://eplus.jp/kokuho/
ローソンチケット:https://l-tike.com/kokuho/
※Go Toイベント対象チケットはWEB販売のみ

[主催]サンライズプロモーション東京
[プロデュース]西尾智子
[制作協力]ダンスウエスト
[お問合せ]サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日 12:00~15:00)

[公式HP]
https://sunrisetokyo.com/detail/12134/


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【野地耕一郎】渡辺省亭が到達した、写実を超えた真骨頂とは? 「渡辺省亭−欧米を魅了した花鳥画−」インタビュー

  • 【KAWAII】永遠のカワイイはここから始まった『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』[東京シティビュー]

  • 【NEWS】人々が知識と出会い、興味をひろげる文化体験を創出!「これからの文化体験」開催[BnF×DNP]

  • 【鳥獣戯画】ギガアツイ!史上初 全4巻全場面一挙公開。特別展「国宝鳥獣戯画のすべて」開催[東京国立博物館]