1. TOP
  2. 風土 歴史
  3. 【将棋タイトル】タイトル戦称号の違い!最年少タイトル獲得者は?

【将棋タイトル】タイトル戦称号の違い!最年少タイトル獲得者は?

LINEで送る
Pocket

史上初の永世七冠獲!将棋界で初の国民栄誉賞を受賞した羽生善治竜王。プロデビューから連勝記録・昇級記録の更新の藤井聡太七段の話題があり、マンガや映画でも人気になっている将棋。
名人戦や竜王戦と聞くけれど、名人や竜王って何だろう?

名人や竜王というのはタイトル戦の称号で、称号を得る事の出来るタイトル戦は8つあるんです。それぞれタイトルによって開催時期や持ち時間、挑戦者選出方法などの違いがあります。8つのタイトル戦を簡単にお教えします。

また、現段階での最年少でタイトルを獲得した棋士もご紹介します。

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひで

ひで

興味から参加した川中島合戦戦国絵巻。
鎧をまとい、手には槍に模した棒、腰には模造刀を持ち、いざ、敵軍に向かって出陣!かなりのハイテンション!
イベントの仕事でご一緒した忍者の末裔。ガチの忍者の動きを真似てみるが、鍛錬されている動きについていけず、改めて、本物のすごさに気付かされる!
初めて、着物を着ても普段の動きと違い所作の大切さに気づく!
あれ?難しそうって思っていた芸能も少しわかっちゃうと面白いぞ!のめり込んでいくのがわかる!

日本の文化というと様々ではあるが、気になったものやその時出会ったものに「まずは、やってみよう!」で、学び、体験し、きっかけ作りとなるよう伝えていきたい。

知らないことを知るって楽しいことですね^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【落語】おもしろおかしい話にほろりとくる話!落語演目あらすじ18選。与太郎も登場

  • 【2019桜開花】日本三大桜名所!吉野山・高遠城址・弘前公園

  • 【阿波おどり】蝶の如く舞い!先行く感性を吹き込む舞蝶連[創連25年記念公演]

  • 【小倉百人一首】『ちはやふる』競技かるたのルールが分かると絶対おもしろい!