1. TOP
  2. 風土
  3. 2018年初詣は神社?お寺?どちらに行きますか?【ご利益別スポット15選】

2018年初詣は神社?お寺?どちらに行きますか?【ご利益別スポット15選】

LINEで送る
Pocket

初詣の意味とはじまり

伏見稲荷大社 鈴

お正月は、五穀ごこく(米、麦、あわひえまたはきび、豆)を司る稲作の歳神様としがみさまを家に迎え、旧年の感謝と今年の無事と繁栄を祈願し、初詣は、新年を迎えて初めて神社やお寺の氏神様うじがみさまに昨年の感謝と今年の無事と繁栄を祈願する行事です。

元々、年籠りとしごもりと言い、家長が大晦日から元日の朝にかけて氏神の社にこもり祈願する習慣でしたが、大晦日の夜の「除夜詣じょやもうで」と元日の朝の「元日詣がんたんもうで」との2つに分かれ、元日詣が現在の初詣になったとされています。また、元日詣は、自分の住んでいる地域の氏神様がまつられている社に参拝したり、縁起の良い恵方の方角にある社寺に参拝していました。

なぜ神社とお寺どちらに参拝しても良いのか?

先に述べた通り、初詣は、信仰上の理由がない限り、「神社」「お寺」どちらに参拝されても問題はありません。さらに、複数の神社やお寺をまわるのも問題なく、複数まわる方が、多くの徳を得られるという話もあります。

では、なぜ、どちらに参拝されても問題ないのでしょうか。

歴史をさかのぼってみます。

奈良時代に、日本固有の神の信仰(神社)と外来の仏教信仰(お寺)を融合ゆうごう調和ちょうわさせ、同一視する「神仏習合しんぶつしゅうごう」という思想があり人々へ伝わり続いていました。神社の敷地に神宮寺を建てたり神前読経が行われたりしていました。明治時代に入り「神仏分離しんぶつぶんり」という、神の信仰(神社)と仏教信仰(お寺)を明確に分けようとする政策が行われています。「神社」「お寺」どちらに参拝しても良いのは、神仏習合しんぶつしゅうごう思想の習慣が残っているからと言われています。


神社とお寺の違いは?

神信仰の「神社」と仏信仰の「お寺」ではどのように違うのでしょうか。簡単ですが違いを見てみましょう。

定義

【神社】神様が住む場所 
【お寺】僧侶が住み教義を学ぶ場所 

信仰対象

【神社】八百万やおよろずの神様(山・森・石・神木など)
【お寺】仏陀、仏様
(大日如来、薬師如来、釈迦如来、地蔵菩薩、不動明王など) 

聖職者

【神社】神職(神主)、巫女 
【お寺】僧侶、尼さん、住職 

施設

【神社】鳥居・参道・社殿 
【お寺】山門・仏殿 

参拝方法

【神社】二拝二拍手一拝にはいにはくしゅいちはい 
【お寺】合掌がっしょう 

神社とお寺の参拝作法

【神社】二拝二拍手一拝 

1▶︎ 神社の入り口にある鳥居をくぐる際に、一礼して参道を進みます。

2▶︎ 手水舎てみずやにて、手・口を清めます。

3▶︎ 神前に向かい軽く一礼し、鈴を2、3回鳴らし賽銭さいせんをいれます。

4▶︎ 二拝/神前に向かい深く二礼します。

5▶︎ 二拍手/手のひらを合わせて柏手を2回打ちます。

6▶︎ 手を合わせて、祈願します。

7▶︎ 一拝/神前に向かい深く一礼します。

8▶︎ 境内から帰る際、鳥居の外で一礼します。

【お寺】合掌 

1▶︎ 寺院入り口山門で、合掌がっしょう一礼します。

2▶︎ 手水舎てみずやにて、手・口を清めます。

3▶︎ ロウソクや線香が用意されている場合は献灯けんとう献香けんこうを行います。

4▶︎ 本堂に向かい軽く一礼し、賽銭さいせんをいれます。

5▶︎ 鰐口わにぐち(鳴らし物)があれば鳴らします。

6▶︎ 合掌して祈願します。

7▶︎ 軽く一礼します。

8▶︎ 山門から出る際、合掌一礼します。

【手水舎】清め方

手水舎 てみずや

1▶︎ 右手で柄杓ひしゃくを持って水を汲み、左手にかけます。

2▶︎ 柄杓ひしゃくを左手に持ち替え、右手にかけます。

3▶︎ 柄杓ひしゃくを右手に持ち替え、左の手のひらに水を溜め、その水で口をすすぎます。

4▶︎ もう一度、左手に水をかけます。

5▶︎ 両手で柄杓ひしゃくを立てて柄杓ひしゃくの柄に水を流します。

全国初詣人気スポット参拝者数

【2016年の初詣の参拝者数上位10社寺】 1位 明治神宮(東京)約317万人 2位 成田山(千葉)約309万人 3位 川崎大師(神奈川)約307万人 4位 浅草寺(東京)約291万人 5位 鶴岡八幡宮(神奈川)約250万人 6位 住吉大社(大阪)約239万人 7位 熱田神宮(愛知)約230万人 8位 氷川神社(埼玉)約210万人 9位 太宰府天満宮(福岡)約200万人 10位 生田神社 兵庫 約150万人Wikipedia

全国初詣ご利益別スポット

開運

「すべての始まりの地」と言われている関東最古の神社。勝負の神としても有名です。

鹿島神宮(かしまじんぐう)
茨城県鹿嶋市宮中2306-1

鹿島神宮

出典:Wikipedia


『みちひらき』の神として知られており、境内には芸能の神様も祀られています。

猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)

三重県伊勢市宇治浦田2-1-10

猿田彦神社

出典:Wikipedia


運命を切り開く神様として親しまれています。競技かるたの会場としても有名です。

近江神宮(おうみじんぐう)

滋賀県大津市神宮町1-1

近江神宮

出典:Wikipedia


5つの社からなる神社で、自己覚醒と開運をもたらすと言われています。

戸隠神社(とがくしじんじゃ)

長野県長野市戸隠3690

戸隠神社

出典:Wikipedia


強運

強運を手にできると言われている神社で、毎月1日のみ手にすることができる白の氣守りが人気です。

三峯神社(みつみねじんじゃ)

埼玉県秩父市三峰298-1

三峯神社

出典:Wikipedia


縁結び

縁結びの神様としては有名な神社です。神無月の月に神様が集まる地であり、神有月と言われます。

出雲大社(いずもおおやしろ)

島根県出雲市大社町杵築東195

出雲大社

出典:Wikipedia


日本で最初に神前結婚式を行った神社で、縁結びの神社として人気です。

東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)

東京都千代田区富士見2-4-1

東京大神宮

出典:Wikipedia


恋愛や結婚だけでなく、仕事や暮らしの中でのご縁を結ぶと言われている神社です。

大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)

東京都府中市宮町3-1

大国魂神社

出典:Wikipedia


商売繁盛

商売繁盛・五穀豊穣の神様が祀られています。千本鳥居が有名な神社です。

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

京都府京都市伏見区深草薮之内町68

伏見稲荷大社

出典:Wikipedia


「えべっさん」と呼ばれて親しまれている商売繁盛の神様が祀られています。

今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)

大阪府大阪市浪速区恵美須西1丁目6-10

今宮戎神社

出典:Wikipedia


商売繁盛・勝負の神様として人気な神社です。一ノ宮に大黒様、二ノ宮に恵比寿様、三ノ宮に平将門命たいらのまさかどののみこと

神田明神(かんだみょうじん)

東京都千代田区外神田2-16-2

神田明神

出典:Wikipedia


心願成就

玉砂利から「五」「大」「力」と書かれた小石をさがしてお守りにすると心願成就のご利益があるそうです。

住吉大社(すみよしたいしゃ)

大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89

住吉大社

出典:Wikipedia


学業成就

学問の神様である菅原道真公が祀られており、京都の北野天満宮とともに全国天満宮の総本社です。

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)

福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号

太宰府天満宮

出典:Wikipedia


北野天満宮(きたのてんまんぐう)

京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町

北野天満宮

出典:Wikipedia


通称は湯島天神と言われ、学問の神様である菅原道真公と勝負の神様が祀られています。

湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)

東京都文京区湯島3丁目30番1号

湯島天満宮

出典:Wikipedia


まとめ

いかがでしたか?

神社かお寺。

以前にあった思想の名残のひとつで、信仰上の理由がなければどちらに参拝してもいいんですね。

複数の社寺に参拝すると多くの徳が得られるというのスポット巡りが出来て楽しみです。

参道に出ている屋台を楽しみに行ってみるのもいいかもしれません。

 

ただ、初詣は「旧年の感謝と今年の無事と繁栄を祈願する行事」ですので、

敬意を忘れずに参拝してください。

日本の文化に興味ある方は「いいね!」してください。様々な日本の文化情報をお届けします。

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

初詣 破魔矢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひで

ひで

興味から参加した川中島合戦戦国絵巻。
鎧をまとい、手には槍に模した棒、腰には模造刀を持ち、いざ、敵軍に向かって出陣!かなりのハイテンション!
イベントの仕事でご一緒した忍者の末裔。ガチの忍者の動きを真似てみるが、鍛錬されている動きについていけず、改めて、本物のすごさに気付かされる!
初めて、着物を着ても普段の動きと違い所作の大切さに気づく!
あれ?難しそうって思っていた芸能も少しわかっちゃうと面白いぞ!のめり込んでいくのがわかる!

日本の文化というと様々ではあるが、気になったものやその時出会ったものに「まずは、やってみよう!」で、学び、体験し、きっかけ作りとなるよう伝えていきたい。

知らないことを知るって楽しいことですね^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【将棋タイトル】タイトル戦称号の違い!最年少タイトル獲得者は?

  • 【2018桜開花情報】日本三大桜名所!吉野山・高遠城址・弘前公園[随時更新]

  • 【2018やぶさめ】鎌倉鶴岡八幡宮で流鏑馬を見る! “春の鎌倉まつり”と“秋の例大祭”

  • 【小倉百人一首】映画「ちはやふる」競技かるたのルールが分かると絶対おもしろい!