1. TOP
  2. 風土 歴史
  3. 【和風月名】季節の移ろいを表す!月の名前に異名。由来と意味を紹介

【和風月名】季節の移ろいを表す!月の名前に異名。由来と意味を紹介

LINEで送る
Pocket

今日では、日付における月を表すときは1月、2月・・・と数字を使って言います。

しかし昔の暦では、睦月や如月などといった呼称が使われていましたし、さらにそれぞれに複数の異名がありました。

その季節らしさに満ちた名前はどれも風流でとても素敵な響きです。

現代ではあまり使われなくなった和風の月名について知ってみましょう。知ればきっと、月日の巡りをより身近に感じられやすくなると思います。


 わつなぎオススメ記事 >>【暦】季節を知る二十四節気。福をよびこむ吉日[2020年天赦日・一粒万倍日・大安]


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nishi

nishi

大学では日本文化や比較文化を学んでいました。美術の学芸員資格を持っていて、一番の趣味も博物館・美術館めぐりです。気になる展覧会があれば、新幹線や飛行機に乗ってでも足を運びます。「推し」は酒井抱一。
普段は花や鉱石、文学などを愛でながらのんびり過ごしています。ゲームのシナリオライターでもあるため、サブカルチャー方面にもアンテナを張るようにしています。
好奇心が原動力。「楽しい!」という気持ちを、いろんな人と分かち合うのが好きです。いつか自分の趣味をふんだんに盛り込んだ展示イベントを企画できたら……と野望を抱いています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【熊野詣】自然深く神秘的な熊野!熊野三山(本宮・速玉・那智)へ通ずる参拝・熊野古道

  • 【盆栽】初心者でも簡単に楽しめる!盆栽の種類から育て方

  • 【吉祥文様】見た目も華やか縁起が良い! 宝尽くし文様の柄と意味を紹介

  • 【組子細工】0.1ミリの世界!高度な技術に美しいデザインの組子細工とは?特徴や歴史を紹介