1. TOP
  2. ワコラボ
  3. 【藤井道人監督】故・河村光庸さんの遺志を継承、伝統芸能から現代を切り取った映画『ヴィレッジ』[広島国際映画祭2022]

【藤井道人監督】故・河村光庸さんの遺志を継承、伝統芸能から現代を切り取った映画『ヴィレッジ』[広島国際映画祭2022]

LINEで送る
Pocket

11月18日に広島にて行われた『広島国際映画祭2022』に、2023年に公開が予定されている藤井道人監督作品『ヴィレッジ』の特別告知イベントが行われ、作品を手掛けている藤井監督、行実プロデューサーと、映画祭の代表であり『ヴィレッジ』では美術監督を務めた部谷京子さんが登壇、作品の概要などを語りました。



\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桂 伸也

桂 伸也

“和”という言葉で表現されるものには、人によって色んなイメージがあると思いますが、私は“整然として落ち着いたもの”という雰囲気を感じ取っています。

普段は芸能系ライターとして活動を行っており、かなり“にぎやかな”世界に生きていますが、その意味で“和”という言葉から受ける雰囲気に、普段から強い憧れや興味をもっていました。

なので、そんな素敵な“和”の世界へ、執筆を通して自らの船を漕ぎ出していきたいと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【丈監督・倉野尾成美・中村玉緒】「いのちのバトン」を様々な視点より描いた映画『いちばん逢いたいひと』[広島国際映画祭2022]

  • 【藤井道人監督】故・河村光庸さんの遺志を継承、伝統芸能から現代を切り取った映画『ヴィレッジ』[広島国際映画祭2022]

  • 【NEWS】『広島第一劇場三部作』完結、横山雄二監督作『愚か者のブルース』広島先行公開イベント

  • 【かわぐちかいじ】漫画家としての人生にも大きな影響を与えた尾道の地への思い 映画『空母いぶき』[尾道映画祭 2022]