1. TOP
  2. 造形 芸術
  3. 【あやしい】絵に潜む真実! のぞく勇気はありますか?『あやしい絵展』開催[東京国立近代美術館]

【あやしい】絵に潜む真実! のぞく勇気はありますか?『あやしい絵展』開催[東京国立近代美術館]

LINEで送る
Pocket

一度見たら忘れられない名画やディープで「あやしい」作品を展示した「あやしい絵展」が、2021年3月23日(火)より5月16日(日)まで東京国立近代美術館にて開催します。

「あやしい」という言葉には、“妖しい”、“怪しい”、“奇しい” など、さまざまな漢字を当てはめることができます。いずれにも共通するのは、“キレイ” “見ていて心地よい” とは少し違う、「神秘的で不可思議」「奇怪な様子」を表していることです。

明治期、西洋から知識、技術等がもたらされ、新たな時代にふさわしいものへと変貌を遂げていく状況下で生み出された表現の中には、「退廃的」「妖艶」「グロテスク」「エロティック」といった言葉で形容できるものがあります。
美しいという言葉だけでは決して表すことのできないこれらの表現は、文学等をバックグラウンドとして大衆に広まりました。

本展では、幕末から昭和初期に制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図等からこうした表現を「あやしい絵」としてご紹介します。

また、西洋からの影響を受けた文芸の存在、商業広告によるイメージの流布、個性・自我の尊重、“新しい女性”の出現、“生命”への関心、社会の底辺層への眼差し等、作品の生まれた背景にはその時々の社会、文化の諸相が存在します。

「単なる美しさとは異なる表現」を深く掘り下げると、そこには共通して人々の奥底に潜む欲望が複雑に絡んでおり、今日を生きる私達にも響くところがあることに気づかされます。

日本近代、現在の私達を取り巻くさまざまな表現、事象、価値観について考える機会ともしてみてください。


TOP PHOTO:「あやしい絵展」ポスタービジュアル


あやしい絵展

2021年3月23日(火)〜5月16日(日)

[会場] 東京国立近代美術館1階企画展ギャラリー[北の丸公園・竹橋]

[開館時間] 9:30〜17:00(金・土曜日は20:00まで) ※ 入館は閉館の30分前まで

[休館日] 月曜日(3月29日、5月3日は開館)、5月6日(木) ※ 開館日時は変更になる場合があります。 ※ 観覧料等の詳細は、決まり次第展覧会公式ウェブサイトにて発表いたします。 ※ 会期中展示替えがあります。

[主催] 東京国立近代美術館、毎日新聞社、日本経済新聞社
[協賛] 損害保険ジャパン、DNP大日本印刷
[問い合わせ] ハローダイヤル 050-5541-8600

[巡回予定]
本展は2021年7月3日(土)〜8月15日(日)まで大阪歴史博物館に巡回します。出品作品の一部は、会場により異なります。詳細は、公式ウェブサイトなどでご確認ください。※ 会期は変更になる場合があります。

[公式ウェブサイト] https://ayashiie2021.jp

観覧チケットプレゼント!詳細、後日掲載予定


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【NEWS】茶道体験を“テイクアウト”目の前で一杯ずつ作る「濃茶ラテ・煎茶・焙じ茶」[茶論(さろん)]

  • 【NEWS】桜をモチーフにした様々な名品に出会う「博物館でお花見を」開催!アプリで参加「さくらスタンプラリー」も実施[東京国立博物館]

  • 【花鳥画】日本美術の知られざる名匠!初の回顧展『渡辺省亭-欧米を魅了した花鳥画-』開催[東京藝術大学大学美術館]

  • 【戒律】鑑真和上坐像45年ぶり京都公開! 凝然国師没後七百年 特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」開催[京都国立博物館]