1. TOP
  2. 芸能 伎芸
  3. 【梅若実玄祥】何かを感じてもらえるように舞う! 3人の人間国宝が “祈り” を捧げる。三人の国宝『~祈り~』[合同取材会]

【梅若実玄祥】何かを感じてもらえるように舞う! 3人の人間国宝が “祈り” を捧げる。三人の国宝『~祈り~』[合同取材会]

LINEで送る
Pocket

除災招福 疫病沈静 災害復興 国土平安平穏 祈念 三人の国宝『~祈り~』が、12月20日(日)に国立能楽堂にて開催します。

典伝統芸能界の名実ともに最高峰の重要無形文化財認定(人間国宝)である、能楽シテ方観世流・梅若実玄祥(うめわかみのるげんしょう)、横笛奏者・藤舎名生(とうしゃめいしょう)、能楽小鼓方大倉流 十六世宗家・大倉源次郎(おおくらげんじろう)の3人が集います。

本公演は、新型コロナウイルスによる疫病、長雨による水害などの天災、予期せぬ災害によって被害を受けた全世界の人類の救済、支援、応援のためにひとつとなって地球を救いたいという3人の思いから企画に至り、難事を克服するための「祈り」を奉げ、荒ぶる神を演奏・演技でもって鎮め、国の一層の弥栄(いやさか)を祈念する内容です。

公演に先立ち、梅若実玄祥が登壇のもと合同取材会が開催されました。本公演開催の経緯や意気込み、創作能「祈り」についてお届けします。



除災招福  疫病沈静  災害復興  国土平安平穏  祈念  三人の国宝『~祈り~』

2020年12月20日(日) 開場 17:00/開演18:00/終演20:00(予定)

[会場]
国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)

[出演者]
梅若実玄祥
藤舎名生
大倉源次郎

[上演演目(予定)]
一、一管 『竹林の詩(ちくりんのうた)』
藤舎名生(横笛独奏)

一、一管 『鞍馬(くらま)』
藤舎名生(横笛独奏)

一、一調一管『葛城(かづらき)』
謡・梅若実玄祥 / 小鼓・大倉源次郎 / 能管・竹市学

一、 創作舞『祈り』 三人の人間国宝
横笛・藤舎名生 / 小鼓・大倉源次郎 / 能舞・梅若実玄祥

※記載は上演順ではございません。
※上演演目は事前の予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

[料金]
10,000円(税込)、全席指定(先着販売)

※購入制限枚数:2枚
※未就学児入場不可

先行発売日:2020年11月1日(日)10:00
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 ※電話受付のみ(平日 12:00~15:00)
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/inori/
イープラス:https://eplus.jp/kokuho/

一般発売日:2020年11月29日(日)10:00

[主催]サンライズプロモーション東京
[プロデュース]西尾智子
[制作協力]ダンスウエスト
[お問合せ]サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日 12:00~15:00)

[公式HP]
https://sunrisetokyo.com/detail/12134/


[わつなぎ関連記事]

【NEWS】三人の人間国宝「梅若実玄祥・藤舎名生・大倉源次郎」初共演「除災招福 疫病沈静 災害復興 国土平安平穏 祈念 三人の国宝『~祈り~』」開催[国立能楽堂]


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2021年新春】親子で楽しめる!「新春ブッフェ」「新春を彩る文化体験」開催[ホテル雅叙園東京]

  • 【福福リップ】うるうる唇で運気アップ!福を招く新しい形のリップクリーム。2020年秋冬シーズンの新デザイン[一心堂本舗]

  • 【日本画】自然と向き合い培う。 特別展「東山魁夷と四季の日本画」開催[山種美術館]

  • 【能楽】能楽の魅力を感じる!特別展「翁 ―大名細川家の能の世界―」日本唯一の能楽専門美術館で開催[金沢能楽美術館]