1. TOP
  2. 伝統
  3. 【小倉百人一首】映画「ちはやふる」競技かるたのルールが分かると絶対おもしろい!

【小倉百人一首】映画「ちはやふる」競技かるたのルールが分かると絶対おもしろい!

LINEで送る
Pocket

競技かるたとは

藤原定家が和歌(短歌)を100首集めた「小倉百人一首」を使い、上の句を読み上げて下の句の札を取り合い、先に自分の持ち札をゼロにした方が勝ちという競技ですが、「礼に始まり礼に終わる」の礼法を重んた競技でもあります。試合は、1対1の二人で行われ、個人戦と団体戦があります。団体戦の場合は、5人形式の対戦で3勝した組が勝ちとなります。大会によっては、3人形式もあります。

最高峰の大会の男性の名人戦、女性のクイーン戦や全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会は、滋賀県大津市の近江神宮で開催されます。

【百人一首】 百人一首とは、100人の歌人の和歌を、一人一首ずつ選んでつくった秀歌撰。 中でも、藤原定家が京都・小倉山の山荘で選んだとされる小倉百人一首(おぐら ひゃくにん いっしゅ)は歌がるたとして広く用いられ、通常、百人一首といえば小倉百人一首を指すまでになっています。 Wikipedia

試合の流れ

札の配布・配置

 1 競技する2人は、裏返した100枚の札(文字のみの下の句の札)をよく混ぜます。

 2 互いに25枚ずつ取り、自陣に表向きに並べます。

 3 残った50枚の札は、使用しない為、箱に戻します。(空札といいます)

 4 持ち札の25枚は、競技線(左右:87cm、天地:札3段)という範囲内に並べます。
※範囲内で、段の並びを守っていれば、札の配置は自由です。

 5 互いの枚数が25枚あるか確認します。
※間違っていた場合は、他者に報告し調整してもらいます。



暗記時間

 6 札の暗記

並べ終わってから競技開始までに15分間の暗記時間が設けられています。この間に、両陣にある札を確認し暗記します。暗記時間中、席を外しても良いですが、相手に「失礼します」と一礼して席を外します。席に戻った際は「失礼いたしました」と一礼します。

暗記時間終了の2分前になると「2分前」の合図があり、自由に素振りをする事が出来ます。

試合開始

 7 試合開始

最初に序歌と呼ばれる小倉百人一首とは関係のない歌を読み上げます。一般的に「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花」が読まれます。序歌の下の句は2回読まれ、2回目の後に、1枚目の上の句が読まれます。

 8 札を取る

札を取る際は、札に先に触れるか、競技線の範囲の外に出した場合となります。
※両手を使って取ってはいけません。最初に取り始めた手が基準になります。

■送り札
敵陣の札を取った場合や相手がお手つきをした場合、相手に渡す札の事です。苦手な札、得意な札、など、どの札を渡すかも勝負のポイントになります。

■お手つき
読まれた札が、陣にない場合に触ってしまうとお手つきとなります。
自陣にある札が読まれたが、敵陣の札に触れてしまった場合
敵陣にある札が読まれたが、自陣の札に触れてしまった場合
空札が読まれたが、札に触れてしまった場合
読まれた札ではないが、読まれた札のある陣の札に触れることはお手つきとはなりません。(読まれた札が範囲の外に出れば良いとなります)

■挙手
試合中、札の並べ直しや送り札を考える場合、読み手に読みを待ってもらうために挙手を行ないます。

■運命戦
自陣・敵陣ともに最後の1枚になった試合のこと。自陣の札を取るのか良いとされており、どちらの札が先に読まれるか運命にゆだねられます。

■攻めがるた
敵陣の札を狙って取りにいく戦い方。送り札を自分の得意な札にして敵陣で取る方法もあります。

■守りがるた
自陣の札を確実に取っていく戦い方。

■囲い手
手で札を囲って、相手に取られないようにする方法。決まり字の長い札の時に使われます。

■囲い手破り
囲い手をしている隙間を狙って取りにいく方法です。

 9 勝敗

先に自陣の札をゼロにした方が勝ちです。

決まり字

上の句のここまで聞けば下の句の札が取れるという字を決まり字といいます。一字で決まる「一字決まり」から「六字決まり」まであります。

一字決まり (7句)
ニ字決まり (42句)
三字決まり (37句)
四字決まり (6句)
五字決まり (2句)
六字決まり (6句)

例えば、

 A ちはやぶる かみよもきかず たつたがは からくれなゐに みづくくるとは
(ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは)

 B ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて あはれことしの あきもいぬめり
(契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり)

 C ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すゑのまつやま なみこさじとは
(契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波こさじとは)

「ち」で始まる上の句は3句。
「ちは」まで聞けば、 A の下の句「からくれなゐに みづくくるとは」の札が取れます。この札をニ字決まりといいます。 B  C は、四字決まりとなります。
また、試合が進む中で B の歌がすでに読まれていた場合、 C は「ちぎ」まで聞けば、 C の下の句「すゑのまつやま なみこさじとは」の札を取れます。

六字決まりの札は、大山札といいます。

映画「ちはやふる ー結びー」公開

2018年3月17日公開

作品紹介(上の句・下の句・結び)

幼なじみの綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/新田真剣佑)の3人。新に教わった競技かるたで、いつも遊んでいたが、家の事情で新が故郷の福井へ戻り離ればなれになってしまう。

高校生になった千早は、新にもう一度会いたい。会って「強くなったな」と言われたい一心で、競技かるた部を作る事を決意。高校で再会した太一と呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、競技かるた経験者で“肉まんくん”こと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、秀才の“机くん”こと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)の5名の部員で瑞沢かるた部を創部。
全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。

なんとか強豪北央学園に勝利し東京都大会優勝。全国大会へ。

が、思わぬ新の告白「かるたはもうやらん…」。
ショックを受ける中、最年少でクイーンに登りつめた若宮詩暢(わかみやさおり/松岡茉優)の存在を知る。
クイーンに勝ちたい!新に会いたい!という気持ちにとらわれた千早は、競技かるた部の仲間たちから離れてしまうが、太一をはじめ部員の仲間によって気付かされる。
ひとりじゃない。
そして、団体戦、個人戦へと。

それから、2年。
かるたから離れていた新が、高校でかるた部を作って全国大会で千早たちと戦う事を決意。
一方、高校最後の全国大会を目指す「瑞沢かるた部」であったが、突然、太一がかるた部をやめてしまう。
再び、かるたで繋がるのか。

▼「ちはやふる -結び-」予告


キャスト

綾瀬 千早 = 広瀬 すず
真島 太一 = 野村 周平
綿谷 新 = 新田 真剣佑
大江 奏 = 上白 石萌音
西田 優征 = 矢本 悠馬
駒野 勉 = 森永 悠希

花野 菫 = 優希 美青
筑波 秋博 = 佐野 勇斗
我妻 伊織 = 清原 果耶
若宮 詩暢 = 松岡 茉優
周防 久志 = 賀来 賢人
須藤 暁人 = 清水 尋也
木梨 浩 = 坂口 涼太郎
若宮 詩暢 = 松岡 茉優
宮内 妙子 = 松田 美由紀
原田 秀雄 = 國村 隼

▼「結び」を観る前に!「ちはやふる -上の句・下の句-」ダイジェスト映像


▼かるたルーレット


まとめ

競技かるたは、100枚の札から互いに25枚づつ並べて、残りの50枚は空札として戦い自陣の札を取ったり、お手つきや敵陣の札を取って送り札して、自陣の札を無くした方が勝ちとなる競技なんですね。

記憶力だけでなく瞬発力や体力も必要で、運を呼び込むくらい気のこもった競技であると分かりました!

映画「ちはやふる」のストーリーの他、競技かるたの緊張感やスピード感も楽しみですね。

日本の文化に興味ある方は「いいね!」してください。Facebook・Twitter・Instagramも情報発信しています。

 春の鎌倉まつり情報 >>【2018やぶさめ】鎌倉鶴岡八幡宮で流鏑馬を見る! “春の鎌倉まつり”と“秋の例大祭”

 桜開花情報 >>【2018桜開花情報】日本三大桜名所!吉野山・高遠城址・弘前公園[随時更新]

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひで

ひで

興味から参加した川中島合戦戦国絵巻。
鎧をまとい、手には槍に模した棒、腰には模造刀を持ち、いざ、敵軍に向かって出陣!かなりのハイテンション!
イベントの仕事でご一緒した忍者の末裔。ガチの忍者の動きを真似てみるが、鍛錬されている動きについていけず、改めて、本物のすごさに気付かされる!
初めて、着物を着ても普段の動きと違い所作の大切さに気づく!
あれ?難しそうって思っていた芸能も少しわかっちゃうと面白いぞ!のめり込んでいくのがわかる!

日本の文化というと様々ではあるが、気になったものやその時出会ったものに「まずは、やってみよう!」で、学び、体験し、きっかけ作りとなるよう伝えていきたい。

知らないことを知るって楽しいことですね^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【和菓子】心をこめて手づくりをお届け!土蔵づくりの古民家・菓子処[和心]

  • 【阿波おどり】きっかけは高円寺!見る阿呆から踊る阿呆に[体験レポート]

  • 【歌舞伎役者】今、注目!人気・実力をあわせ持つ若手イケメン歌舞伎役者!

  • 【2018高円寺阿波おどり】行く前に知らにゃそんそん!連協会加盟の30連