1. TOP
  2. 伝統 芸道
  3. 【四季の色】季節を彩る日本の伝統色[和色]の名前と由来

【四季の色】季節を彩る日本の伝統色[和色]の名前と由来

LINEで送る
Pocket

【完全無料】わつなぎオリジナル『日本の文化 3択クイズ[芸能編・色文様編]』実施中!


日本の伝統色は、古来から伝わる日本特有の文化や伝統、四季のうつろいの中で名付けられ愛されてきた色の事です。その名前はとても情緒があり美しいものばかりで、多くは季節ごとに見られる風景、例えば花や草木のような自然のものから、食物、行事などに由来します。

平安時代の女房装束 [十二単]は、当時の人々の美的感覚で組み合わせた配色美で、襲色目(かさねいろめ)といわれており、季節で使い分けていました。

季節による定番や流行の色があるのは、古代も現代も同じです。一部ではありますが、季節ごとに伝統色や襲色目を紹介していきたいと思います。

 おすすめ記事 >>【伝統文様】縁起の良い吉祥和柄!日本の伝統文様一覧16選

 おすすめ記事 >>【着物の柄】季節を先取りがおしゃれ!四季にあわせた着物柄選び

 おすすめ記事 >>【日本画】知れば知るほど奥深い! 狩野派(かのうは)と琳派(りんぱ)の違い

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【平泉】地上に浄土を表す建築と庭園! 世界遺産「平泉」構成五資産

  • 【NEWS】落語とJ-POPのスペシャル・コラボ!「春風亭一之輔・藤巻亮太 二人会 ~芝浜と粉雪~」10月4日開催[人見記念講堂]

  • 【日本酒】カジュアルで身近なものに「MIZUBASHO Artist Series」シーンに合わせて楽しむ3タイプ[永井酒造]

  • 【NEWS】昨年の「弟子ダケ寄席」を経て、今年は師匠も参加!「立川志の輔一門~ふきよせの会~」10月3日開催[人見記念講堂]