1. TOP
  2. 伝統
  3. 【男性着物】シーンによる種類の違い!帯から履き物までわかりやすくご紹介

【男性着物】シーンによる種類の違い!帯から履き物までわかりやすくご紹介

LINEで送る
Pocket

着物の種類と格


女性の着物と同じように、男性の着物にも種類と格があります。フォーマルからカジュアルまで、TPOに合わせて着こなしましょう。

礼装

黒紋付[くろもんつき]


男性の着物で最も格が高いのが、黒紋付に、羽織、袴の姿です。結婚式の花婿の和装や、新郎新婦の父親の姿がイメージしやすいですね。黒紋付とは、家紋が入った黒一色の着物です。家紋については後ほど詳しくご説明しますが、第一礼装である黒紋付には、五つの家紋を入れます。その上に着る羽織も、黒一色に五つ紋です。
 袴(はかま) は、仙台平(せんだいひら)と呼ばれる縞の袴が定番です。帯は、博多織りなどの正絹の角帯を締めます。

 羽織紐(はおりひも) は、お祝い事の際は、房のある白いものです。半衿と足袋も白にしましょう。

 履物(はきもの) は、白い鼻緒の雪駄が正式です。 末広(すえひろ) いう白扇も、男性の礼装の必需品ですね。

略礼装

羽織袴[はおりはかま]


黒以外の無地の着物に家紋を入れ、羽織、袴を身につけると、黒紋付より一つ格を下げた略礼装になります。着物の色は、紺や茶、グレーなどの落ち着いた色が一般的です。結婚式や披露宴に親族として列席する場合は、五つ紋の着物・羽織が適しています。もう少しカジュアルダウンしてもよい場合は、三つ紋か一つ紋にします。この際は、袴は縞以外に無地のものでも大丈夫です。

角帯は派手でないものを選びましょう。

 半袴(はんばかま) は結婚式なら白が向いていますが、色つきでも構いません。着物に合う、薄めの色を選びます。

 羽織紐(はおりひも) は、羽織と同系色が基本です。雪駄の鼻緒は白か、着物の色と調和させてもいいでしょう。 足袋(たび) は礼装感のある白がおすすめです。
 末広(すえひろ) は忘れずに持ちましょう。

袴姿[はかますがた]

男性の袴姿の礼装は、基本的には羽織を着ます。フォーマルな場で、スーツの上着が必要なことと同じです。

ただし、例外もあります。その一つがお茶席です。茶道で用いる羽織は十徳(じっとく)と呼ばれるのですが、これはかなり位の高い先生などが着用するものです。そのため、それ以外の男性は、羽織を着ない袴姿でも礼装とされます。お茶席での服装については流派や教室の方針で異なりますので、迷ったときは先生に聞いてみましょう。

お洒落着

羽織姿[はおりすがた]


袴をつけない着物と羽織の姿は、おしゃれな外出着になります。洋服でたとえると「ちょっといいスーツ」です。御召(おめし)や紬(つむぎ)といった、織りの素材が主流です。御召は着くずれしにくく、裾さばきもいい、しゃっきりした風合いの生地です。

紬は女性の着物では普段着ですが、男性の場合は羽織を着れば、よそ行きに使うことができます。

羽織姿は、小物使いがポイントです。全体のバランスを見ながら、自由な色使いでコーディネートしましょう。

 足袋(たび) は色つきが一般的です。現在はさまざまな色柄の足袋がありますので、足元のおしゃれも楽しんでください。おしゃれ着の場合は、 履物(はきもの) は草履が基本です。

普段着

着流し[きながし]


羽織も袴もない、着物一枚の姿を着流しと呼びます。これは完全な普段着ですので、気軽な外出に使いましょう。

 角帯(かくおび) だけでなく 兵児帯(へこおび) を使うこともできますが、よりカジュアルでリラックスした装いになるので、お出かけの際はTPOにご注意を。

 履物(はきもの) は、草履や雪駄です。

ゆかた姿[ゆかたすがた]


夏限定の普段着です。Tシャツにジーンズのような感覚ですね。

着流しとの違いは、長襦袢の有無です。ゆかたは長襦袢を使いませんのでとても涼しく着られますが、そのぶん、カジュアルな装いになります。薄い色のゆかたを着る場合は、下着が透けないように気を付けましょう。

 角帯(かくおび) 兵児帯(へこおび) 、両方締めることができます。 履物(はきもの) は下駄です。

家紋の数

着物にとって、家紋はとても重要な意味を持っています。家紋の数によって、着物の格が上下するんです。

格が高い順に『五つ紋 > 三つ紋 > 一つ紋』です。数が多いほど、格が高くなっていきます。

着物に入れる家紋の位置は決まっています。

五つ紋は『背・両外袖(袖の背中側のこと)・両胸』。
三つ紋は『背・両外袖』。
一つ紋は『背』のみです。

ちなみに家紋のサイズは、男性と女性で異なります。男性のほうが、女性の倍ほど大きいサイズです。

家紋の種類はとても多く、動植物や文字など、さまざまな図柄があります。ぜひ、ご自分の家紋を調べてみてくださいね。

男性の使う帯は、2種類あります。角帯と兵児帯です。

角帯[かくおび]


フォーマルからカジュアルまで、全ての場面で使える帯です。男性の帯といえば、これをイメージする方が多いでしょう。幅は10㎝前後、長さは4mくらいが平均的です。礼装では、正絹(しょうけん)の角帯を使います。博多織のものが定番です。

羽織姿や着流しなど袴を着けない場合は、貝の口という結び方が主流です。

結び目は背中の中心から少しずらすと粋に見えますよ。

兵児帯[へこおび]


角帯より柔かく、幅広な帯です。着流しやゆかたに合わせて、カジュアルなシーンで使います。フォーマルな場や、羽織を着るようなおしゃれ着には使いません。

履き物

男性の履物は、草履・雪駄・下駄の3種類があります。フォーマルが草履と雪駄。カジュアルが下駄です。

草履[ぞうり]・雪駄[せった]

フォーマルからカジュアルまで、幅広いシーンで使用します。第一礼装の黒紋付には、畳表で白い鼻緒の雪駄を履きましょう。

草履と雪駄の違いというのは、少しややこしい問題です。一般的には、雪駄は草履の一種です。厳密に言えば作りが違い、台に入れる芯の数と、踵の金属の有無などによって判断します。

白の鼻緒以外では、どちらかと言えば、草履のほうがフォーマル向きでしょう。

下駄

ゆかたの履き物でおなじみです。基本的には裸足で履きます。下駄はサンダルのような位置づけの履き物ですので、フォーマルな場面での使用は避けましょう。

足袋

女性はどんなシーンでも白足袋をはく方が多いのですが、男性は少々事情が異なります。

白足袋

基本的には礼装用です。式典やお茶会など、フォーマルな場面で使います。

色足袋

普段着のときに使います。黒・茶・グレーなどが一般的ですが、近年はさまざまな色柄が流通しています。普段着で白足袋を使うことも、間違いではありません。着流しにあえて白足袋を合わせて涼しげな雰囲気を演出するなど、お好みでコーディネートしてください。

まとめ

男性の着物はおはしょりを作らないので、慣れてしまえばあっという間に着ることができます。

粋に、渋く、格好よく!

男性ならではの着物の魅力を満喫してくださいね。

日本の文化に興味ある方は「いいね!」してください。Facebook・Twitter・Instagramも情報発信しています。


 夏の風物詩 >>【2018高円寺阿波おどり】行く前に知らにゃそんそん!連協会加盟の30連

 わつなぎオススメ記事 >>【将棋タイトル】タイトル戦称号の違い!最年少タイトル獲得者は?

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【着物の柄】季節を先取りがおしゃれ!四季にあわせた着物柄選び

  • 【お盆のお供え】なぜナスとキュウリを飾るの?精霊馬って何?

  • 【着物帯】帯にも種類や格がある!フォーマルからカジュアルまで

  • 【男性着物】シーンによる種類の違い!帯から履き物までわかりやすくご紹介