1. TOP
  2. 技術
  3. 【現存天守】国宝5城と重要文化財7城をみる!国宝と重要文化財の違い

【現存天守】国宝5城と重要文化財7城をみる!国宝と重要文化財の違い

LINEで送る
Pocket

戦国時代以降、お城の象徴的な建造物とされ建てられた天守。
築城当時の天守が現存する名城は国宝の5城と重要文化財の7城の12城になります。

国宝と呼ばれるものと、重要文化財とされるものの違いとはどのようなものなのでしょうか?

はっきりと違いがわからない国宝と重要文化財や現存天守12城の歴史、残され守られてきた建造物についてご紹介いたします。

【現存天守12城】松本城・犬山城・彦根城・姫路城・松江城・弘前城・丸岡城・備中松山城・丸亀城・松山城・宇和島城・高知城



\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぷぷこ

ぷぷこ

ひたすら日本文化と動物をこよなく愛する時代劇で育った歴史好き。

趣味で手に入れた着物や模造刀や和雑貨を愛でつつ、歴史書を紐解いて当時の風俗文化に思いを馳せる日々。

2000年以上の歴史の変遷を積み重ねてでき上がった日本文化の奥深さと日常に根付いたその魅力を伝え、少しでもその面白さを知って気軽に楽しんでもらえれば嬉しいなと思っています!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【相撲番付】関取は一人前の力士!階級の違いを知ろう

  • 【現存天守】国宝5城と重要文化財7城をみる!国宝と重要文化財の違い

  • 【神社】商売繁盛!合格祈願!無病息災から縁結び!ご利益別にみる人気の神社一覧