1. TOP
  2. 古典芸能
  3. 落語のオチはひとつではない!オチの種類は12ある!?

落語のオチはひとつではない!オチの種類は12ある!?

LINEで送る
Pocket

マクラ・本題・オチの構成

落語家

出典:Wikipedia

落語は、一般的に「マクラ」「本題」「オチ」の3つで構成されています。実際の高座こうざでは、マクラなしで本題に入ったり、オチがわかりにくいという話は本題の部分で終わりにする場合があります。

マクラ

の本題に入る前の導入部分を「マクラ」といいます。落語家は「マクラを話す」とは言わず、「マクラを振る」といいます。マクラは、本題への入るための導入部分ですので、本題に関わりのある話をします。決まり文句のある落語家さんは、決まり文句から入ったり、身の回りに起きた事や楽屋話や時事ネタなどの世間話から入り、軽い笑い話でお客さんをリラックスさせて、本題につなげていく落語家もいます。
演目を発表していない寄席などでは、マクラの部分のお客さんの反応をみて、その時のお客さんに合った演目を選んで演目を変更して噺をする事もあります。落語は、難しい言葉だったり、今では馴染みのない設定であったりしますので、
マクラの時にあらかじめ解説したりもします。

本題

落語の本題は、基本的に会話で成り立つ話です。情景や心理を説明せず、会話や仕草で表現するのが落語の演出法です。話は、笑いが主体の滑稽噺こっけいばなし。人間の情愛あふれる人情噺にんじょうばなし。幽霊や怪物が現れる怪談噺かいだんばなし。芝居仕立ての芝居噺しばいばなし。などとなります。

オチ

噺の最後を締めくくり、笑いをともなう結末の部分です。噺が「落ち着くところ」という言葉から「オチ」と言われる様になったと言われています。また「サゲ」とも言われます。人情噺の終わり方では「オチ」ではなく「・・という一席でございます」と終わる場合が多いです。

また、噺の終わり(オチの後)に、「お後がよろしいようで」と言う決まり文句を聞く場合があるかと思いますが、これは、「おあと=次の演者」が準備できましたという意味で、「次の演者(次の催し物)の準備が整ったから帰りますね」と言う意味で使われます。

高座の時間が決まっていて、時間調整をしないといけない場合、噺がオチまでいっていない時にも「おあとがよろしいようで」と話を終わりにする事もあります。

オチの種類

考えオチ

少し考えるとクスリと笑えるオチ

演目(例):★井戸の茶碗 ★芝浜 ★寿限無 ★まんじゅうこわい ★親子酒 

逆さオチ

立場や物ごとがさかさまになるオチ

演目(例):★初天神 

仕草オチ

言葉でなく仕草でオチになる

演目(例):★死神 

仕込みオチ

前段階でオチを仕込んでおくもの

演目(例):★かぼちゃ屋 

間抜けオチ

あまりにも間抜けなことがオチになる

演目(例):★長短 ★粗忽の釘 ★粗忽長屋

★=関連記事:あらすじ解説あり


関連記事▶【落語あらすじ】おもしろおかしい話!落語演目11選。与太郎も登場(動画あり)

関連記事▶【落語あらすじ】情愛にほろりとする話、欲を揺さぶる死神。人情・怪談演目(動画あり)


地口オチ

言葉のダジャレでオチになる

演目(例):錦の袈裟 火焔太鼓

途端オチ

最後の一言で話の結末がつくオチ

演目(例):百年目

とんとんオチ

とんとんと調子良く話を進めてオチになる

演目(例):雑俳

梯子オチ

ひとつづつ上がってオチになる

演目(例):一目上り

ぶっつけオチ

相手の言う意味を取り違えるオチ

演目(例):権助魚

まわりオチ

回り回ってもとにもどるオチ

演目(例):天狗裁き

見立てオチ

意表をつくものに見立てるオチ

演目(例):首提灯

まとめ

オチの種類みてみましたがいかがでしたでしょうか。

分かりにくい部分もありますが、様々なオチの種類がありましたね。

オチの部分を気にして落語を聞いてみるのもひとつですね。

 

とは言え、細かいことは気にせず、落語家さんの話芸に入りこんで落語を楽しんでください。

関連記事▶ 知っておきたい!人気落語家の名前の由来

関連記事▶【絶対笑える】最高におもしろい人気落語家おすすめ16人

日本の文化に興味ある方は「いいね!」してください。様々な日本の文化情報をお届けします。

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

落語家

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ひで

ひで

興味から参加した川中島合戦戦国絵巻。
鎧をまとい、手には槍に模した棒、腰には模造刀を持ち、いざ、敵軍に向かって出陣!かなりのハイテンション!
イベントの仕事でご一緒した忍者の末裔。ガチの忍者の動きを真似てみるが、鍛錬されている動きについていけず、改めて、本物のすごさに気付かされる!
初めて、着物を着ても普段の動きと違い所作の大切さに気づく!
あれ?難しそうって思っていた芸能も少しわかっちゃうと面白いぞ!のめり込んでいくのがわかる!

日本の文化というと様々ではあるが、気になったものやその時出会ったものに「まずは、やってみよう!」で、学び、体験し、きっかけ作りとなるよう伝えていきたい。

知らないことを知るって楽しいことですね^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【将棋タイトル】タイトル戦称号の違い!最年少タイトル獲得者は?

  • 【2018桜開花情報】日本三大桜名所!吉野山・高遠城址・弘前公園[随時更新]

  • 【2018やぶさめ】鎌倉鶴岡八幡宮で流鏑馬を見る! “春の鎌倉まつり”と“秋の例大祭”

  • 【小倉百人一首】映画「ちはやふる」競技かるたのルールが分かると絶対おもしろい!