1. TOP
  2. 風土 歴史
  3. 無病息災を祈る!食べられる年賀状で新年のご挨拶。春の七草をお届け

無病息災を祈る!食べられる年賀状で新年のご挨拶。春の七草をお届け

LINEで送る
Pocket

七草粥


正月行事の終わりを告げる人日(じんじつ)の節句は、七草粥を食べる日として定着しています。中国から伝わったとされている風習は、平安時代に宮中で行われるようになりました。江戸時代には、幕府の公式行事となり、庶民の間へも広まっていきました。

七草には胃腸を整える効果があり、七草粥は正月料理で疲れた胃を休める為の健康食です。また、青菜の少ない冬場に青菜の力を取り入れ、1年間の無病息災を祈る意味でも食べられます。


 わつなぎオススメ記事 >>【七草】食す春の七草。観る秋の七草。はじまりから時期、七草の種類を紹介


食べられる年賀状


箱形の年賀状の中にフリーズドライ製法で乾燥した七草が一包(1〜2人前)入っています。お粥に混ぜるだけで簡単に七草粥をお楽しみ頂けます。84円で郵送出来ます。

[原材料]乾燥七草 (乾燥すずしろ、食塩、乾燥すずな、乾燥はこべら、乾燥せり、乾燥なずな、乾燥ほとけのざ、乾燥ごぎょう)
[原料原産地名]国産(すずしろ、すずな、はこべら、せり、なずな、ほとけのざ、ごぎょう)
[内容量]2g
[賞味期限(製造後)]12ヶ月


七草粥の作り方

[ 1 ] 米を軽く研いでから水を切り、分量の水を加えます。

[ 2 ] 煮立つまでは中火で、煮立ったら弱火にして一度底からかき混ぜます。

[ 3 ] 蓋を少しずらして置き、40分程炊きます。

[ 4 ] 3で出来上がったおかゆに本品(七草)を加えて軽く混ぜます。(2〜3分煮るとよりやわらかくなります)

[ 5 ] お好みで塩を加えて出来上がりです。

※本品は、お味噌汁やお吸い物の具材としてもお使いいただけます。


こだま食品

1960年に児玉青果店という八百屋として広島県福山市に創業しました。創業者の精神を受け継ぎ「野菜加興を通じて、お客様の笑顔と健康を念願し続けよう」とお客様第一主義で、「野菜を提供することにより健康、安全、安心を販売する。」食文化の創造を目指しています。

市販用商品は、青果売場を中心に、野菜の加工品並びに野菜、果物を美味しく食べる為の商品を提供しております。また、業務用商品は、お客様の開発テーマに基づき、それぞれの素材に適した用途を提案しています。約150品目の乾燥野菜を扱っています。


オンラインショップ[こだまいきいき農場]

https://kodama831.com/

こだま食品株式会社
本社:広島県福山市駅家町法成寺1575-9

https://www.kodama-foods.co.jp/


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【百段階段】文化財を彩る“夏の風物詩”が2年ぶりに復活!「和のあかり×百段階段 2021」開催[ホテル雅叙園東京]

  • 【葛飾北斎】前代未聞の試み! 北斎漫画・冨嶽三十六景・富嶽百景コンプリート。生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」開催[東京ミッドタウン・ホール]

  • 【江戸】都市江戸の活発で明るい一面に迫る!特別展「大江戸の華ー武家の儀礼と商家の祭ー」開催[江戸東京博物館]

  • 【NEWS】鹿沼ほうき職人、その娘の葛藤を描く物語 映画『ほうきに願いを』桃果、モロ師岡コメント