1. TOP
  2. 芸能 伎芸
  3. 【日本舞踊】立廻りにとんぼ返り!コミカルありの演目あらすじ解説[将門・近江のお兼・雷船頭]

【日本舞踊】立廻りにとんぼ返り!コミカルありの演目あらすじ解説[将門・近江のお兼・雷船頭]

LINEで送る
Pocket

日本舞踊の演目も様々。

立廻りのある「将門」。とんぼ返りの動きある「近江のお兼」。コミカルな演出のある「雷船頭」。

どの演目も女性が美しくも勝気という点では共通だが、住む世界もキャラクターも違うタイプが登場する3演目をご紹介します。


[写真・動画 協力]

日本舞踊 創作邦舞 若月流

1986年に創流された日本舞踊「若月流」は、日本舞踊の古き良き伝統を守りながら時代が求める新しい舞踊を創作しています。

各箇所で伝統芸能の披露や千葉県柏市を中心に新宿御苑前、流山市、船橋市、東京都江戸川、茨城県八千代町、桜川市、埼玉県上尾市、秋田県大仙市の教室にて、お若い方からご年配の方まで踊って楽しんで頂けるお稽古を致しております。

若月舞踊学院 >> https://buyougakuin.com

PHOTO:第18回 若仙會 於 日本橋劇場


 わつなぎ関連記事 >>【日本舞踊】絶対観ておきたい!初心者でも楽しめる人気の名作[厳選6演目]


\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ゆっこ

ゆっこ

京都の町屋に住むおばあちゃんっ子だった頃から、和の物が大好きでした。炬燵に当たりながらテレビで歌舞伎中継を一緒にみて、祖父母のコメンタリーを聞いておりました。

舞妓さん達に憧れながらも、大きくなってからは所謂リケジョ。理工系大学院に進み、研究室に夜中まで籠りっきりの生活でした。なかなかお洒落とは無縁でしたが、きれいなお着物は大好き。

お茶を習いだすと次第に手持ちの着物が増えていき、やがて日本舞踊にはまって名取になり、人様に「日本の伝統文化っていいんだよー」と紹介できる機会にも少しずつ恵まれてきました。

昔は、大都市の下町の女の子達が自然に日本舞踊のお稽古に通っていたそうです。今のピアノ人口よりも多かったかもと聞きました。多くの人が気軽に伝統文化に親しめるといいな、と思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【花街】美貌と優れた芸を持つ太夫!流行発信アイドルだった花魁との違い。芸妓や舞妓もご紹介

  • 【日本舞踊】立廻りにとんぼ返り!コミカルありの演目あらすじ解説[将門・近江のお兼・雷船頭]

  • 【日本舞踊】名取になると何が変わる?芸名に名入りグッズに新たな自覚

  • 【日本舞踊】絶対観ておきたい!初心者でも楽しめる人気の名作[厳選6演目]