1. TOP
  2. 風土 歴史
  3. 【お盆のお供え】なぜナスとキュウリを飾るの?精霊馬って何?

【お盆のお供え】なぜナスとキュウリを飾るの?精霊馬って何?

LINEで送る
Pocket

精霊馬って何?

ナスやキュウリなどの野菜を馬や牛に見立てた人形のことをしょうりょううまといいます。精霊馬はお盆のお供え物のひとつで、精霊棚しょうりょうだなに飾るものです。ナスは「牛」キュウリは「馬」を表していて、お盆に先祖の霊があの世とこの世を行き来する時のための乗り物として作られます。馬と牛があるので、牛の方は精霊馬と区別して「精霊牛」と呼ぶ地域もあります。

なぜナスとキュウリ?

ナスとキュウリは夏の旬の野菜で手に入れやすいこと。また、お盆である旧暦7月15日の一週間前の七夕の日に供物としてお供えする習慣があったからなど諸説あります。
は先祖の霊が早く家に戻ってこられるように、は景色を楽しみながらゆっくりあの世へ帰れるようにという想いが込められています。
ゆっくり丁寧にお迎えしたいから牛で迎えて、急いで帰ってもらうために馬をお供えするという逆の地域もあります。また、牛にはたくさんの供物を乗せて持ち帰ってもらうという意味もあるそうです。

いつ供えるの?

精霊馬はお盆の期間中に供えます。一般的には迎え盆の8月13日に精霊棚に供えますが、早くからは七夕から供える場合もあります。そして盆明けの8月16日、送り火が終わった後に片付けます。

精霊馬の作り方と供え方

精霊馬の材料

ご先祖様が乗りやすいように、ナスやキュウリは少し曲がったものを選ぶのがおすすめです。

ナス・・・1本
キュウリ・・・1本
おがら
(麻幹・苧殻)・・・8本(または、割り箸や爪楊枝でも可能です。)

作り方

おがら(麻幹・苧殻)はナスが「牛」にキュウリが「馬」に見えるように長さを調整しましょう。
それぞれ4本ずつ用意します。
ヘタ側が頭部になるように、バランス良く足の位置に下穴を空けます。
おがらを差したら出来上がりです。

 


供え方

精霊馬は精霊棚に向かって右側手前に置きます。
お迎えの時にはナスとキュウリのヘタ側を精霊棚に向けて、送る時は精霊棚の外に向けて配置します。また、玄関からご先祖様が帰ってくるので玄関の向きに合わせるという供え方もあるそうです。

精霊馬は地域によって違いがある?

関東地方では、ご先祖様をお迎えする時のために作ります。

北海道から中部地方では、ご先祖様を送る時のために作ります。関東と比べると飾る時期は短いです。

西日本では、精霊馬を作る風習のない地域が多いです。そのため精霊馬を見たことがないという人もいるようです。

まとめ

お盆の風習は日本全国それぞれにさまざまな様式があるように、精霊馬の作り方も地域や家庭によってさまざまなようです。
南天の葉で耳を作ったり、トウモロコシのひげでしっぽをつけたり、さらに今では精霊馬にさまざまなアレンジを加えることもあるようです。
ご先祖様のことを想いながら心を込めて作る精霊馬。

大切なのは故人を偲ぶ気持です。

日本の文化に興味ある方は「いいね!」してください。Facebook・Twitter・Instagramも情報発信しています。

わつなぎオススメ記事>>【2018高円寺阿波おどり】行く前に知らにゃそんそん!連協会加盟の30連

わつなぎオススメ記事>>【2018 浴衣】簡単で分かりやすい!基本的な半幅帯の結び方[写真で説明]

\ SNSでシェアしよう! /

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本文化をわかりやすく紹介する情報サイト|わつなぎの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

わつなぎ編集部の“わつ乃となぎ吉”です。

日本の文化とつなぐ、人と人をつなぐ「わつなぎ」素敵な巡り合わせがあるといいな。

楽しく情報発信していきます。

Twitterもゆるく発信中。フォローしてね。 →

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【合掌造り】岐阜の白川郷に富山の五箇山!庄川流域の集落群。合掌造りの歴史に特徴。

  • 【NEWS】“STAY HOME”から“GO HOME”へ。父の日の贈り物にぴったりな限定醸造酒「鳳陽だるま」新登場

  • 【NEWS】夏の風物詩をあらわした涼感あふれる「和風ぜりー」発売! お取り寄せスイーツとしてもおすすめ[日本橋屋長兵衛]

  • 【NEWS】ガーゼのプロとつくる「天然素材のさらさら肌ケアマスク」中川政七商店が夏用マスクを発売